南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン170号No.5
南山ブレティン170号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 
 International Friendship
 第9回聖南祭実行委員会に留学生が参加!
 
 第9回聖南祭を企画運営している聖南祭実行委員会に今年初めて留学生(2名)が 実行委員として加わった。参加している留学生と留学生を誘った日本人学生の話を紹介しよう。

 総合政策学部総合政策学科 1年 ガ ウンビン(韓国)
 私はいつも同じでつまらない毎日からぬけ出したかった。そんなとき、私は大学で日本語や日本文化を教えてくれるボランティア活動をしている日本人の友達に「聖南祭実行委員会」というサークルを紹介してもらいました。数日後、好奇心と不安な気持ちを抱いて、初めて活動に参加しました。先輩たちはとても親切に説明してくださり、私はとても嬉しく思い、それがきっかけで、このサークルに入ることにしました。
 サークルでは模擬店企画部になりました。ある日、中国の留学生が模擬店の企画申請書を実行委員会に渡せなくて困っていたので、代わりに、私が実行委員会の先輩に渡してあげました。そのときは私も聖南祭で役に立つことができていると感じ、嬉しかったです。
 このサークルに入って、私は新しく見つけたことがいくつかあります。それは、日本人は私が思っていたより外国人にも気を遣ってくれることと、おもしろい人が多いことです。
 そしてとてもありがたいと思っていることがあります。それは、まだ日本語が上手ではない私に、みんながわかりやすく話しかけてくれることです。
 私は「聖南祭実行委員会」に入ってよかったし、これからも活動を頑張るつもりです。

 総合政策学部総合政策学科 1年 埴生理恵
 今年の春、私は日本語チューターとして留学生と接する機会があり、その際に「どこかクラブに入らないの?」と尋ねたところ、彼女たちは「入りたいけど、何に入ったらいいかわからない」「留学生だからついていけないんじゃないかな」と悩んでいました。そこで、「私もいるし、聖南祭実行委員会に入りなよ!」と韓国からの留学生2人を誘い、活動9年目にして初めて、留学生が聖南祭実行委員会のメンバーとして活動することになりました。
 留学生たちと一緒に活動し始めてから約3ヶ月、留学生たちはわからないことだらけの新しい環境の中で積極的に活動しています。留学生と一緒にいると、私たち日本人もさまざまなことを彼女たちから学び、考え、いい刺激になっていると感じます。
  先日、ステージで行うビンゴゲームの企画会議があり、留学生がビンゴカードにある工夫をするという提案をしたところ、採用されることになりました。彼女たちはとても喜んでいました。また活動に誘った私も彼女たちが実行委員の一員として認められていることを感じ、嬉しかったです。
 今年の聖南祭は、10月31日と11月1日に行われます。留学生の考えた「ビンゴカードの秘密」が何なのか、ぜひ確かめに来てください。