南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン164号No.4
南山ブレティン164号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 
   
 Campus Topics
 「働く現場見学ツアー」に参加して

滝 愛佳(外国語学部英米学科3年)

 私は昨年キャリア支援室主催の「働く現場見学ツアー」に参加しました。私が行ったのは(株)ジェイエアという、県営名古屋空港に本社がある日本航空グループの航空会社です。私は小さい頃から飛行機や空港が好きで、その近くで働いてみたいと思っていました。そのため、実際に航空業界で働いている人からお話を伺えるこの企画に迷わず参加しました。
 ツアー当日、空港に到着し会議室で会社概要の説明を受けた後、社内を見学しました。社員の方の説明を伺いながら、さまざまな部署が入っているオフィス、実際に使用している機体、そして、エンジンやタイヤなど飛行機の部品がある場所を順に見学していきました。社内はとてもアットホームで温かい雰囲気を感じました。私がここで働いたら・・・と具体的に想像を膨らませられるところが、会社見学の利点ではないでしょうか。
 その後会議室に戻り、客室乗務員の方のお話を伺いました。客室乗務員の仕事は出勤後、お客様やサービスに関する情報のチェックから始まり、お客様が搭乗される前に機長との打ち合わせ、機内の備品の確認、飛行中には救命胴衣の使い方の説明や飲み物のサービスを行います。また、お客様が降りられた後に機内清掃を行うのもジェイエアでは客室乗務員だそうです。このようにお客様の目に留まらない仕事も多く、客室乗務員の素敵な笑顔の裏には、たくさんの苦労があると思いました。その反面、丁寧な言葉遣いで自分の仕事に誇りをもって話されている姿がとても印象的で、やりがいのある仕事なのだと感じました。
   このツアーを通して、社内を見学したり現場で働く人に話を伺うことで、会社の雰囲気を自分の肌で感じることができました。就職活動に関する多くの情報はインターネット等で簡単に手に入れることができますが、一番信頼できる情報は、実際に自分で見たり聞いたりして得た情報ではないでしょうか。これから就職活動を進めていくにあたり、主体的に行動することを大事にし、さまざまな会社を見ながら進むべき道を決めていこうと思いました。南山大学のキャリア支援室にはこの企画も含めて、学生をバックアップする体制が整っているのでこれからも積極的に活用していきたいです。 

「働く現場見学ツアー」2007年度実施企業
(株)日立システムアンドサービス、(株)豊田自動織機、
(株)中日新聞社、名古屋テレビ放送(株)、ANA中部空港(株)、
(株)ジェイエア