南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン163号No.8
南山ブレティン163号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 
 Information

 2008年度学生納入金改定について
  −授業料、施設設備費とも据え置きを決定−

 2008年度南山大学学生納入金について、2007年9月28日開催の南山学園理事会は、「入学に際しての宣誓」に示された授業料スライド制をもとに検討した結果、授業料・施設設備費ともに改定率を0%といたしました。授業料改定率は、学生一人当り総経費増減率となる人事院勧告による国家公務員給与改定率を合算して算出しております。2008年度の場合、国家公務員給与改定率は0.35%となっておりますが、経済状況等を鑑み、教育・研究条件改善のための改善率を△0.35%として授業料を据え置きとしました。施設設備費についても、現状で大学の施設設備取得費および維持経費増には対応可能と判断し、据え置きを決定いたしました。

【名古屋キャンパス学部学生】
 授業料を現行の718,000円に据え置くとともに、施設設備費を現行の210,000円に据え置く。

【名古屋キャンパス大学院学生】
 ビジネス研究科ビジネス専攻および法務研究科を除く研究科については、授業料を現行の574,000円に据え置くとともに、施設設備費を現行の105,000円に据え置く。
 ビジネス研究科ビジネス専攻については、授業料を現行の700,000円に据え置くとともに、施設設備費を現行の100,000円に据え置く。
 法務研究科については、授業料を現行の1,000,000円に据え置くとともに、施設設備費を現行の200,000円に据え置く。

【瀬戸キャンパス学部学生】
 名古屋キャンパス学部学生の授業料に、総合政策学部は100,000円、数理情報学部は200,000円をそれぞれ加算して算出する。授業料を総合政策学部は現行の818,000円に、数理情報学部は現行の918,000円にそれぞれ据え置く。施設設備費は名古屋キャンパス学部学生と同額とし、両学部とも現行の210,000円に据え置く。

【瀬戸キャンパス大学院学生】
 授業料を総合政策研究科は現行の624,000円(社会人学生は654,000円)に、数理情報研究科は現行の674,000円(社会人学生は734,000円)にそれぞれ据え置く。施設設備費は名古屋キャンパスのビジネス研究科ビジネス専攻および法務研究科を除く研究科と同額とし、両研究科とも現行の105,000円に据え置く。
(総務部)

 南山大学・豊田工業大学連携講演会

 本学と大学間連携協定を締結している豊田工業大学との第2回連携講演会が10月21日開催された。今回は統一テーマを「環境」とし、本学からは、丸山雅夫法科大学院教授/総務・将来構想担当副学長が「法制度は環境の味方になれるか?」、豊田工業大学からは、山口真史大学院工学研究科教授が「未来を拓く環境にやさしい太陽電池」と題した講演を行った。会場には、開演前早くから足を運ばれ、また講演後には、数多くの質問が出るなど、「環境」への関心の高さがうかがえる講演会となった。両校は、来年度も連携講演会を実施する予定である。 講演に先立ち、会場校を代表して挨拶する
講演に先立ち、会場校を代表して挨拶する
マルクス学長

 寄付者ご芳名

「南山大学教育・研究支援」へのご協力に感謝いたします。
南山大学同窓会 様
野村 健司 様
中川 敏雄 様
坂下 昭雄 様
山口 光大 様
足立 信彦 様
市川 五十二 様 (樹木)
原山 清秀 様
石黒 範雄 様
他1名様