南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内広報・コミュニケーション南山ブレティン160号No.1
南山ブレティン160号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 

 特集 Feature Article
 2007年4月 新校舎B棟・C棟竣工

名古屋キャンパスの東側、A棟(法科大学院棟)の隣接地に建設を進めていたB棟(教室棟:地上4階建て)とC棟(事務・食堂棟:地上3階建て)が完成。2007年4月より使用を開始する。建物のイメージは、コンクリート打放しと南山の土地の色を表現したアースカラーを用い、既設の名古屋キャンパスだけでなく、学園設置母体「神言修道会」の建物(神言神学院)との調和を図っている。B棟には400人教室など10教室が新たに整備され、C棟には2006年度末で閉鎖した第1食堂に替わり、1階には262席を備えた食堂、2階には272席を備えたカフェテリアがオープンする。また、C棟3階には、これまでキャンパスの両端に離れていた学生課と教務課が同じフロアに入り、さらなる学生サービスの充実を目指す。あわせて、山手通りに面する「山手通門」とそこに至るアプローチも完成し、新しい本学の顔としての期待がかかる。

400人教室
今日的に求められる機能を備えた、30人〜400人までの規模の異なる10室を整備。教育効果の向上や教室不足の解消が実現される。
食堂  
かつての第1食堂にちなみ「1SYOKU」と名づけられた新食堂。麺・丼・定食類が提供される。 山手通門に設置された大学ロゴ。最寄りの地下鉄やバス停からのアクセスも良好。
カフェテリア
明るく開放感のある空間となった
。 昼のカフェメニューに加えて、朝食での利用も可能。
 
新設の山手通門からA棟へと繋がる、可能な限り自然を生かして整備されたアプローチ。


建物概要
敷地面積 16,987.25m2
用途地域 第一種住居地域
地域地区 宅造規制区域・文教地区
建築面積
1,574.88m2
延床面積

B棟/3,055.10m2
C棟/1,814.64m2
建築物の高さ 21.935m(最高の高さ)
構造


B棟/鉄骨鉄筋コンクリート造
     4階建
C棟/鉄筋コンクリート造
     3階建

名古屋キャンパス
名古屋キャンパスマップ