南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内広報・コミュニケーション南山ブレティン158号No.4
南山ブレティン158号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 
 International Friendship
 カンボジア 歴史・地域調査に参加して
取材:
石黒 太祐(総合政策学科3年)

2004年8月に始まり今回で第5次の調査。先史から古代にかけての三重土塁遺跡トロぺアントナールの第3次測量。ターカエウ州キリヴォン郡・トレアン郡・アンコーボレイ郡、コムポート州バンテアイメアス郡における古代宗教遺跡・碑文・プレアンコール碑文発見地点周辺等踏査・実測。私は今回主に測量班として参加。

  「午前7時。GPSナンバー0465137-1210189。標高5m。我々は北西に向かっている。気温32度…」 車は砂埃を上げている。  地図とコンパスで現在地点を確認し、窓の外に広がる景観を目に映す。そうして地図は立体となり、コンパスが我々を導く。車は目的地へと向かう。
 トロペアントナールに到着。測量器具で土塁、水田を実測。それを基に500分の1の地図を作図していく。畦道、田畑など、確認しながらひとつひとつ描いていく。どれだけ機械化が進もうとも、人間にしか表現できないものがある。
 変わりやすい天気の雨季の時期、スコールが訪れたらその度にマンゴーの木の下で雨宿り。ふと足元に目をやればそこにはしっかり実ったマンゴーの果実が落ちている。手に取るとずっしりとしていて重みを感じた。昔ポル・ポト時代にこの辺りで「治療」が行われた。それ以来このマンゴーの木は赤い果実を実らせるという。ふいにマンゴーの木の葉から洩れた光が射すのに気づいて私は立ち上がり、また作業に戻った。そして日が暮れるまでそれを繰り返す。薄暗くなっていく空が山を包み、風が吹き、水田は夕陽をゆらめかせる。荷物を引く牛車、その後を追って歩いた。
  宿舎に戻り夕食をとる。テーブルを囲んで一日の疲れを癒し、充実感に浸る。カンボジアの学生と談笑し、友情を深める。その後今日の反省、議論をし明日に備える。
 「今何処にいるのだろう」―それを知ることの重要さを学んだ。自分の現在地を知る術は何も地図やコンパスに限らない。所得、学歴、趣味・嗜好なども確認する道具となる。時として地図は政治的、作為的であるように、それらは常に不変的・絶対的なものではない。また、測量ではどんなに精巧であっても誤差は生じる。日常生活においても我々は偏見という誤差を持っていると認識し、それを小さくする努力をしつつ現在地をいつも確認すること。そしてまた特定地域の地図や広域を網羅した航空写真、地図の縮図が用途に応じて違うように、目的に合わせて使い分ける。そうすれば次に目指す位置―夢、理想、目標へと向かうことができる。自分の位置を確認すること、それはこの世の中で強く、そしてしっかり地を踏みしめて生きていけるのだと思う。
 「午前7時15分。GPSナンバー0459…」
 先はまだ、見えない。