南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内広報・コミュニケーション南山ブレティン155号No.7
南山ブレティン155号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 
 Special Events
 フランツ・エデルマン・ファイナリスト賞を受賞!
 
南山学園 Franz Edelman Finalist賞 授賞式
 2005年、南山学園は米国オペレーションズ・リサーチ(OR)/経営科学学会(INFORMS)の伝統ある賞、フランツ・エデルマン賞で、最終審査を受ける6件に選ばれました。 ゼネラル・モータース(GM)に受賞は譲りましたが、最終審査を受けた組織に贈られるファイナリスト賞を受賞しました。受賞を記念し、10月28日、INFORMSから、前経営科学学会(TIMS)会長のピーター・ノルデン博士、伊倉義郎博士をお招きし、名古屋マリオットアソシアホテルで授賞式を行いました。 日本OR学会会長の今野浩中央大学教授をはじめとする学界、名古屋の産業界、マスコミ関係など80名を超える方々にご参加いただきました。
 フランツ・エデルマン賞は、米国初のOR/経営科学のプロジェクトチームを編成し、めざましい成果を挙げたフランツ・エデルマン博士にちなんだ賞です。TIMSは彼の業績を称え、ORの実践を奨励するために、この賞を設けました。 この賞はTIMSから、TIMSが米国OR学会と合併して発足したINFORMSに引き継がれ、2005年で34回を迎えています。過去の受賞は、モトローラ、カナディアン・パシフィック鉄道、コンチネンタル航空、メリルリンチ、IBM、AT&Tなど米国をはじめ、世界各国を代表する大企業です。
 南山は、2005年4月、米国カリフォルニア州パームスプリングス市で開かれたINFORMSの全国大会で、GM、アテネオリンピック実行委員会、プロクター&ギャンブル、食品会社のスウィフト、製薬会社のイーライリリーとともに、最終審査にのぞみ、マルクス学長、数理情報学部の長谷川教授、澤木教授、鈴木で南山のORを用いた業務改善について発表しました。 GMの2000億円のコスト削減に対し、南山は約3億円と削減金額が3桁違い、また、発表の準備にもGMはお金をかけていました。しかし、我々の発表も聴衆から高い評価を受けました。 発表が終わったときには、多くの聴衆から握手を求められ、非常にうれしかったです。発表の評価はGMと対等だったと思います。
 今回の受賞は、マルクス学長をはじめとする大学執行部がORを適用して、業務改善しようという強い意思を示してくれたからこそ実現しました。事務職員の皆さんにもよく協力していただきました。 この場をお借りしてお礼を申し上げます。現在、ORを用いた業務改善は、プロジェクトNとして継続しています。プロジェクトNは、教員と事務職員が協力して、現在直面している難問をORの考え方で解決していく場です。図書館の雑誌購入の見直し、東海・東南海地震注意情報発令時の対応策の策定、入試広報の方法の検討など、毎月1回の会合では、メンバー全員で知恵を出し合っています。 皆様のご協力をお願いするとともに、何かお困りのことがありましたら、是非お気軽にご相談ください。
(数理情報学部教授 鈴木 敦夫)

このページのTOPへ戻る▲

 高校生も授業に参加!「体験入学会」
 
 10月10日、南山大学名古屋キャンパス(以下NNC)および瀬戸キャンパス(以下NSC)で体験入学会を開催した。高校生の皆さんに実際の授業、模擬授業、大学生活を体験してもらうために企画したイベントである。 当日はあいにく小雨が降ったり止んだりの天気だったが、北は岩手県から南は長崎県まで、幅広い地域から両キャンパス合わせて616名が本学を訪れた。授業のほかに学生入試広報スタッフの引率によるキャンパスツアーにも参加し、積極的に大学を体験する姿が見られた。
ドイツ語コミュニケーション(名古屋キャンパス)
名古屋キャンパス
ドイツ語コミュニケーションの授業風景

 NNCの開会式ではマルクス学長の挨拶、学生入試広報スタッフによるオリエンテーションが行われ、その後、配布されたキャンパスマップをもとに参加者は各自で教室に向かった。午後からの開催だったため、開会式の前後に学生食堂で昼食をとる参加者の姿も見られた。3時限目、4時限目には、参加者520名がそれぞれ興味のある学科の授業、模擬授業、説明会に参加した。その後、学生入試広報スタッフが中心となり、図書館やキャリア支援室などの施設を紹介するキャンパスツアーに149名が参加した。
 一方、96名が参加したNSCでは、学部説明会、体験授業、個別相談会、キャンパスツアーを実施した。総合政策学部の説明会は、在学生がパネリストや進行役となり、趣向を凝らした企画を行った。数理情報学部では、プログラミング実習の授業を見学した後、情報通信学科と情報システム数理学科(数理科学科より名称変更)に分かれて模擬授業を行った。また、個別相談会場には「学長と語ろう」コーナーが設けられ、和気あいあいとした雰囲気の中、多くの高校生、受験生が学長と楽しく懇談した。
 参加者から回収したアンケートによると、「本物の授業は難しかったけれど、雰囲気がよく分かった」「大学案内には載っていない説明を聞くことができて良かった」「キャンパスツアーの引率をしていた学生がとても優しかった」など、好意的な感想が多かった。
相談コーナー(瀬戸キャンパス)
瀬戸キャンパス 相談コーナーの様子
 
 実際に在学生の授業を体験してもらうために、NSCでは一昨年から、そして昨年からは両キャンパスでこの体験入学会を実施しており、多くの参加者から好評を得ている。最近の傾向として、年々このようなイベントに保護者の方々の参加が多くなってきたことが挙げられる。 来年度は、保護者の方々を対象とした大学説明の時間を設けることも考えていきたい。
(入試広報委員会委員長 青柳 宏)

このページのTOPへ戻る▲

 第33回 父母の集い
 
 南山大学は10月1日、名古屋・瀬戸両キャンパスで南山大学後援会との共催による「父母の集い」を開催した。今年で33回を迎えるこの行事は、在学生のご父母に本学の教育・研究や就職支援等の活動についてご理解をいただくとともに、本学へのご意見・ご要望を伺う貴重な機会となっている。
名古屋キャンパス
 名古屋キャンパスで約500組のご父母が参加され、このことは「後援会」を構成するご父母が、積極的に大学運営を支えてくださっていることの表れと深く感謝したい。
 G30教室を使用した午前中の全体会第1部では、マルクス学長、桑原教行後援会理事長の挨拶に続き、「学生生活について」「学生の海外留学について」「職業指導の基本方針および今年度の就職状況について」それぞれの担当責任者より、本学の取り組みや実情の説明があった。 就職状況の説明では、就職率や内定率など普段何気なく耳にする数値の計算方法やその実態について真剣な眼差しで聞き入っていた。
石田市長による講演
石田市長による講演

 引き続き第2部では、石田芳弘犬山市長による「まちは一つのテーマパーク」と題した講演が行われた。 石田市長は、まちにも明確なアイデンティティが必要との考えから、犬山市が持つ歴史や文化をいかしたまちづくりに積極的に取り組む一方、中央教育審議会の委員を務めるなど、犬山市のみならず日本の教育改革を先導している。 「生きるために学ぶ、学ぶために生きる」生涯学習の重要性を強調し、その原点に義務教育があるという石田市長の言葉には重みと説得力があった。
 午後は、学科懇談会(一部の学科)、指導教員との個別懇談(事前申込制)を開催すると共に、留学、就職など学内各所に相談コーナーを設け、全体会では対応しきれない細かな相談の場を提供し、多数のご参加をいただいた。 また、普段の大学生活の一端に触れていただけるよう学内施設、課外活動の見学を自由に行っていただいた。
 かつての自分の姿と、成長したご子女の姿を重ねあわせたご父母も多かったのではないだろうか。 なお、折角の機会と、遠方から参加されたご父母に南山大学の全てをご覧いただくまでの余裕が無いことについては今後の課題とさせていただきたい。
(総務課長 三谷 靖司)
瀬戸キャンパス
挨拶をするマルクス学長
挨拶をするマルクス学長
 瀬戸キャンパスでは午後1時から全体会、学科懇談会、個別懇談等を行った。 全体会では、マルクス学長より「教育は大学と家庭の連携が重要であるが、そのためにはお父さんの協力が必要であるため、土曜日に父母の集いを開催することとしている」との説明に続き、「1990年代から絶えずカリキュラムを見直しており、また学生の生の声を聞くために学生による授業評価も実施している。 父母のみなさまの期待と信頼に応え得る努力をして行くのでご支援をお願いしたい」と挨拶があった。
 続いて、阿部博後援会副理事長より「戦後60年が経過し、少子化、高齢化など社会は変革期を迎えている。 また2007年には大学への全入時代を迎え、ますます競争が激化するが、南山大学は改革を成し遂げいろいろな面で社会から評価されており、今後も絶ゆまぬ挑戦により日本のトップレベルになると確信している」と挨拶があった。
 引き続き、三浦修史学生部次長より、瀬戸キャンパスにおける課外活動の状況、奨学金制度をはじめとする福利厚生の制度および学生生活全般について説明があった。 とくに、最近こころの病気を持つ学生の増加とマルチ商法による被害が報告されているので、家庭での注意をお願いしたいという依頼があった。福田尚登国際教育センター副センター長からは、本学の留学制度と学生の留学状況、留学する学生の危機管理などの支援活動について、亀井孝文就職委員会委員長からは、総合政策学部と数理情報学部の第2期卒業生の就職状況と南山大学における職業支援への取り組みについてそれぞれ説明があった。
 全体会終了後、学科懇談会、指導教員との個別懇談、また、教務、学生生活、留学、就職、保健の各相談コーナーで担当職員との個別相談を行った。 参加者数は全体会271名、学科懇談会259名、個人懇談84名であった。
(瀬戸キャンパス事務部第1課長 橋田 裕元)