MENU
TOP > 学長挨拶/趣意書

学長挨拶/趣意書

南山大学
レーモンド・リノベーション・プロジェクト募金趣意書

 南山大学は1946年に設置された南山外国語専門学校を前身として、1949年に文学部1学部から出発し、創立から70年以上経た現在は、8学部17学科、大学院5研究科を有する中部地区屈指の総合大学に成長しました。
 ここまでの本学の発展は、卒業生・修了生やそのご家族、地域の方々、各界の有志の方々のご支援の賜物と、深く感謝しております。

 2007年に策定された20年後の将来像を見据えた「南山大学グランドデザイン」に基づき、本学ではさまざまな取り組みを行ってまいりました。その中で、瀬戸キャンパスから2015年4月に理工学部、2017年4月に総合政策学部が名古屋キャンパスに移転したことにより、キャンパス統合が完了し、一つのキャンパスで新たな一歩を踏み出しました。キャンパス統合にあたり、新たな研究・教育棟としてS棟およびQ棟、食堂棟としてリアンの建設も無事に完了いたしました。

 2017年度からは、本学キャンパスの設計者であるアントニン・レーモンド氏の設計により、1964年に完成した建物を中心とした内外装改修、安全性・利便性向上のための外構整備計画である「レーモンド・リノベーション・プロジェクト」を進めております。レーモンド氏の「自然を基本として」という設計思想に基づき、歴史あるレーモンド建築を次の世代に継承し、学生生活環境や学習環境を充実させていくために、ここに「南山大学レーモンド・リノベーション・プロジェクト募金」の募金概要を定め、皆さま方にご支援をお願いさせていただくことといたしました。今回の募金では、寄附者の皆さまに感謝の意を表すため、寄附銘板作成等の特典もご用意しております。誠に恐縮に存じますが、趣旨をご理解いただき、格別のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。



2018年7月 南山大学長 鳥巣 義文

学長サイン
南山大学長 鳥巣 義文写真
トップページへ戻る