南山大学

 

News & Topics

本学人文学部の浅石卓真准教授が、2018年度日本図書館情報学会論文賞を受賞

2018年11月14日

人文学部人類文化学科の浅石卓真准教授が、2018年度日本図書館情報学会論文賞を受賞しました。本賞は、日本図書館情報学会誌に掲載された中で、内容、構成、表現の完成度が高い論文に授与されるものです。

受賞論文のタイトルは『中学・高校の理科教科書における知識の潜在的規模:テキストからの語彙量推定に基づく分析』で、教科書において当該科目の概念が全て出現するまでテキストを仮想的に大きくした時の語彙量を数学的なモデルにより推定し、実際の教科書ではそれらがどの程度出現しているかを分析した論文です。「分野の知識の潜在規模の推定」という新たな課題に対する成果が評価されました。

浅石准教授のコメント

この度は重みのある賞をいただき、大変光栄に思っております。私は大学院生時代から、効果的な学習を可能にするメディアの特徴について研究してきましたが、本論文はその中でも適切な記述量に関する特徴を分析したものです。今後は教科書を一つのモデルとして、新書や専門書など文献世界を横断した研究を展開していきたいと考えています。