南山大学

 

News & Topics

本学卒業生が、日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年度学生論文賞を受賞

2018年10月9日

本学卒業生の堀篤史さんが、日本オペレーションズ・リサーチ学会の2018年度学生論文賞を受賞しました。

この賞は、学生によるオペレーションズ・リサーチに関する優れた研究に対して授与されるもので、毎年、優秀な修士論文・卒業論文を提出した5名程度が受賞しています。なお、修士論文の成果は指導教員の福嶋教授との共著論文にまとめられ、この研究分野ではよく知られた国際学術誌である『Journal of Optimization Theory and Applications』(Springer)に掲載が決定しています。

[ 受賞論文名 ] 「Gauss-Seidel Method for Multi-Leader-Follower Games」
[ 指導教員 ] 本学理工学部システム数理学科 福嶋雅夫教授

堀さんのコメント

大学4年の春、初めて本学会の研究発表会に参加したとき、先輩方が本賞を受賞される姿を見て漠然とした憧れがありましたが、この度受賞できたことを大変喜んでおります。この場をお借りして、4年間お世話になった指導教員の福嶋先生に感謝の意を表します。

[ 堀さんのプロフィール ]

  • 本学情報理工学部情報システム数理学科(現・理工学部システム数理学科) 2016年3月卒業
  • 理工学研究科システム数理専攻博士前期課程 2018年3月修了
  • 三菱電機株式会社 2018年4月入社(現在に至る)
堀さん(写真右)と指導教員の福嶋教授