南山大学

 

News & Topics

本学経営学部の安藤史江教授が「第69回全国能率大会」で経済産業省 経済産業政策局長賞を受賞

2018年6月18日

経営学部の安藤史江教授が、公益社団法人全日本能率連盟(以下、「全能連」)が開催する第69回全国能率大会において、「ケア責任を負った女性の就業継続・育成のための組織変革マネジメント」という論文で「経済産業省 経済産業政策局長賞」を受賞しました。

全国能率大会は、全能連が創立された1949年(昭和24年)から毎年開催してきた最も歴史のある全能連の中核的事業です。当初は、能率思想の普及を図り、これを実現することを目的として、能率運動の全国展開を図るために企画され、毎年1回全国各地で開催されていました。2014年(平成26年)の第66回大会より「経営・技術大会」と「優秀論文発表会」の2部構成となり、「経営の科学化」推進を図っています。

安藤先生からは、受賞にあたり以下のコメントをいただきました。

「日頃から『実践と理論の架け橋』を意識した研究を進めております。今回の研究テーマは、主に育児期の女性が自然体で自分の能力を発揮できる職場・組織の在り方でした。
調査を通じて、多くの貴重な生の声をお寄せいただき、その声を広く届けたいとの思いから、こうした実践論文の応募に踏み切りましたが、高い評価をいただき大変光栄に思います。調査にご協力いただいたすべての方々、研究助成機関、そして、日頃の研究活動を支えてくださる大学関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。」