南山大学

 

News & Topics

日本政策学生会議の政策フォーラムで、総合政策学部の鶴見ゼミの学生チームが分科会賞、
寳多ゼミの学生チームが優秀発表賞を受賞

2017年12月15日

12月2日・3日に開催された日本政策学生会議(ISFJ)の政策フォーラムで、本学総合政策学部の鶴見ゼミの学生2チームが分科会賞を受賞、寳多ゼミの学生1チームが優秀発表賞を受賞しました。

ISFJの政策フォーラムは学生が立案した政策を広く発信することを目的としたインターゼミであり、経済産業省等が協賛・後援のもと、多くの大学が参加する政策提言の全国大会です。今年も700名弱の参加者が政策提言を競い合いました。

同じテーマのチームが競い合う各分科会では、分科会での最高賞である分科会賞と、プレゼンテーションで優れた発表を行ったチームに贈られる優秀発表賞が、各分科会1チームずつ授与されます。

分科会賞 鶴見ゼミ
論文タイトル 「環境配慮行動促進〜持続可能な社会を目指して〜」
論文タイトル 「ワーク・ライフ・バランスの実現を目指して〜働きやすい職場環境へ〜」
優秀発表賞 寳多ゼミ
論文タイトル 「日本版所得連動型奨学金返還制度の構築―オーストラリアの制度を参考に―」

鶴見ゼミの皆さん、寳多ゼミの皆さん、受賞おめでとうございます。


分科会賞を受賞した鶴見ゼミの皆さん 優秀発表賞を受賞した寶多ゼミの皆さん

分科会賞授賞式の様子(鶴見ゼミ①)

分科会賞授賞式の様子(鶴見ゼミ②) 優秀発表賞授賞式の様子(寶多ゼミ)