南山大学

 

News & Topics

伊藤真理さん(数理情報研究科数理情報専攻博士後期課程 鈴木敦夫研究室)が
国際学会でスケジューリング学会賞技術賞を受賞

2015年10月19日

2015年7月4日〜6日に神戸市産業振興センターで開催された「International Symposium on Scheduling 2015」にて、本学数理情報研究科数理情報専攻博士後期課程3年の伊藤真理さん、本学理工学部の鈴木敦夫教授、愛知医科大学医学部の藤原祥裕教授が発表した研究論文が、2015年度スケジューリング学会賞技術賞を受賞しました。その授賞式が9月26日に青山学院大学で開催されたスケジューリング・シンポジウム2015で行われました。

受賞した研究論文は「Operating rooms scheduling system: A case study in Aichi Medical University Hospital」で、愛知医科大学病院手術室の使用スケジュールを自動的に作成するシステムの構築と、そのシステム有効性についての研究です。システムは試作段階とのことですが、現在のスケジュールより3つの点(手術室使用時間超過の削減、手術室の変更の減少、スケジュール作成の手間と時間の削減)で改善されたことを発表されたそうです。

伊藤さんは、「国際学会での発表だったので、英語を使って海外の研究者に私たちの研究について正確に伝える難しさを感じました。技術賞をいただけたのは大変嬉しく、これを糧に現在試作段階のシステムを実用化に向けて更に研究を進めていきたいです。」と話してくれました。

伊藤さん、受賞おめでとうございます!


授賞式の様子 受賞した伊藤真理さん