南山大学

 

テレビ・ラジオ

放送内容

年月日 2010年1月24日
番組名 東海テレビ「スタイルプラス」
掲載者 外国人留学生別科生
内容

「外国人が見たナゴヤ」という企画で本学外国人留学生別科生がインタビューを受けた内容が放映される(日本語で会話)。インタビューに応えたのは、インドネシア、ブリキナファソ(西アフリカ)、アメリカ、メキシコ、イギリス出身の留学生たち。

国際教育センターへ向かうインタビュアー・あさりど堀口氏

国際教育センターにてインタビューを受ける外国人留学生別科生

以下、インタビュー内容一部抜粋。

  1. 「なぜニッポンに来たのですか?」
    • セーラームーンが好きだったから。特にセーラーマーキュリーが好き。
    • 経済が発展しており、安全で美しい国だから。
    • メキシコシティ出身であり、メキシコシティと名古屋は姉妹友好都市だから。
  2. 「ニッポンに来て、びっくりしたことはありますか?」
    • 生活環境のクオリティの高さ、美しさに驚いた。
    • 初めて雪を見て、地震に遭遇したこと。
  3. 「ナゴヤのどこが好きですか?」
    • 東京にも大阪にも旅行に行きやすいところ。
    • 分別ゴミの仕分けが素晴らしい。特に資源ごみの定義が。
    • 食べ物が美味しい。矢場とん、天むす、ひつまぶし、なごやん、かえるまんじゅう・・・それから、ホストファミリーのお母さんが作ってくれる料理。
  4. 「休日は何をしますか?」
    • 日本語を勉強する(全員共通の回答)。
    • ユニクロへ行って、お買い物。
    • ホストファミリーと遠足に行く。
    • マンガ喫茶に行って、ひたすら漫画を読む。