南山大学

 

テレビ・ラジオ

放送内容

年月日 2008年11月30日
メディア名 RADIO-i
番組名 Cosmo Style(17:00〜21:00 ON AIR)
放送形式 録音
DJ Colin、清水陽子
出演者 チャン・ジュヤン(韓国・外国人留学生別科生)
内容 日本語・日本文化を学ぶ理由、将来の夢、今伝えたい言葉等について紹介されました。
スナップ写真
収録風景
  • 韓国で生まれて、アメリカの大学に行っています。
  • 日本には日本語を勉強するために来ました。日本語に興味を持ったきっかけは妹です。妹が日本のアニメと漫画が大好きで、学校で習っていないのに日本語がペラペラです。その影響もあって、日本に興味を持ちました。
  • アメリカの大学では3年生ですが、アメリカの大学に行った理由は自由に勉強できると思ったからです。日本と韓国では大学に入る前に専攻を決めないといけないですが、アメリカでは2年生になる時に専攻を決めればいいので自由があります。専攻は英語と英文学です。
  • 日本はとても楽しいです。今はホストファミリーと一緒に住んでいるのですが、とても優しいです。
  • 日本語を勉強するコツは、本を見て勉強するより、友達と話したいとか自分のことを説明したいとか、買い物をしたいとか、コミュニケーションを取る必要に迫られると頑張れると思います。
  • 韓国と日本は同じアジアなのんでとてもよく似ていると思っていたら、実は違う部分が多く、驚く場面も多いです。日本ではあまりはっきりものを言いませんが、韓国では、はっきり言う場面が多いです。アメリカはもっとMy Wayですね。生き方が自己中心的だと思います。
  • 大切な言葉は"Rare is normal." あることについて「これが普通」だと思ったら、世界を普通のことと普通じゃないことに分けてしまうと思います。だから色々な国に行ったり、たくさんの人と話したりすることで、心が狭くならないように色々な経験をすべきだと思います。