南山大学

 

テレビ・ラジオ

放送内容

年月日 2008年11月16日
メディア名 RADIO-i
番組名 Cosmo Style(17:00〜21:00 ON AIR)
放送形式 録音
DJ Colin、清水陽子
出演者 サラ・ケサーダ(アメリカ・外国人留学生別科生)
内容 日本語・日本文化を学ぶ理由、将来の夢、今伝えたい言葉等について紹介されました。
スナップ写真
収録風景
  • 約1年前にオハイオ大学から日本に来ました。
  • 日本語を勉強しようと思った理由は、東アジア研究を専攻していて、日本語か中国語を学ぶ必要があったのですが、音が美しくて丁寧な感じがする日本語を勉強することにしました。
  • 日本はとてもきれいで、日本も日本語ももっと好きになりました。
  • 将来は日本に住みたいと思っています。高校のときから先生になりたいと思っていたので、将来は日本で英語を教えたいと思っています。
  • たいていいつも「ですます」で話しています。「ですます」で勉強していますので、ほとんどの留学生はその方が慣れているかもしれません。
  • 日本での良いと思う点は、部活での先輩・後輩の関係です。先輩が後輩を教えることで後輩が成長します。先輩は後輩を教えることによって自分も成長できます。このことを通じて他の人とのいい関係を作る方法がわかるようになると思います。
  • 南山大学では合気道部に入っています。先輩・後輩の関係が厳しいこともありますが、どちらかと言えば優しい方が多いです。アメリカの部活では先輩・後輩というのはあまり感じないと思います。日本の部活のほうがいい感じだと思います。
  • 大切な言葉は "It's all the small things." 自分の人生の中で最も良いことは、大きいことではなく、日々の小さなことから幸せを感じることができることだと思います