南山大学

 

テレビ・ラジオ

放送内容

年月日 2008年8月31日
メディア名 RADIO-i
番組名 Cosmo Style(17:00〜21:00 ON AIR)
放送形式 録音
DJ Colin、清水陽子
出演者 Ken KOBAYASHI 講師(L.I.)
内容 先生になった理由、今研究(勉強)していること、日本のすばらしいと思うところ、変なところ、将来の夢、今伝えたい言葉等について紹介されました。
スナップ写真
収録風景
  • 両親は日本人で、メルボルン生まれです。
  • 20才の時日本に帰ってきました。当時はほとんど日本語を話せない典型的なオーストラリア人でした。祖母とコミュニケーションをとりたかったですね。
  • 日本人の顔をしていながら英語はネイティブ、そして先生というよりは友達に近いというように、学生に近いイメージの存在なので、学生にいい影響を与えるのではないかと思っています。
  • 自分はTeacher(教える人)ではなく、Motivator(やる気を出させる人)です。
    日本では英語を好きではない人が多いので、英語を嫌いではないところまでもっていく、さらに好きになってもらうことが私の最大の目標です。
  • 英語は日本では賢い人が学ぶものというイメージがありますが、それは関係なく、誰でも上手に話せるようになることができます。
  • 日本の英語教育を考えると、中学校レベルで先生が英語を話す授業ができればいいと思います。
    また音楽の授業のように楽しんで英語を学べればいいと思います。
  • 最後に伝えたい言葉ですが、"Don't be afraid to shine. (輝くのを恐れてはいけない)" 怖がらないで自分を精一杯表現しましょう。