南山大学

 

新聞・雑誌

掲載内容

年月日 2009年11月
メディア名 季刊誌『CRAS Cheek』(2010冬号)
掲載者 南山宗教文化研究所・奥山倫明(キリスト教学科)
内容

「悠久の時を越えてきた美しい自然にそっと心を寄り添わせる」という表題で、あるものを何かになぞらえて、本来とは異なる意味を解読する「シンボリズム」について研究している奥山教授が「人間が自然と感応しあったとき、自然の一員となり、景色の中の自分を客観的に捉えることができます。それによって癒されたと感じるのでしょう。」等、話したインタビュー記事が掲載された。