南山大学

 

新聞・雑誌

掲載内容

年月日 2009年9月30日
メディア名 中日新聞
掲載者 法務研究科 加藤良夫
内容 名古屋市内の病院における手術で死亡した男児の遺体が病院に約2ヶ月安置されたことについて「思いがけず患者が亡くなった時、その病院での解剖に遺族はしばしば不信感を持つ。遺族の要望だけでも第三者機関で死因を究明できる仕組みを設けるべきだ」という医事法専門の立場からのコメントが掲載された。