南山大学

 

新聞・雑誌

掲載内容

年月日 2009年6月23日
メディア名 朝日新聞
掲載者 英米学科 石田訓夫教授
内容 アメリカ・オバマ政権の可能性を探るシンポジウム「オバマ政権はアメリカと世界を“Change”できるか?(6/19開催)」について掲載された。シンポジウムに出席した在名古屋米国領事館の首席領事マックス・カク氏は「オバマ政権は多様性に富む」、同じくパネリストの東京大学・久保文明教授は「黒人の大統領が『常識』となる教育効果は大きい」、本学英米学科・石田教授は「イスラム教徒を父親に持つオバマ氏への中東における期待は衰えていない」とそれぞれ語った。