南山大学

 

新聞・雑誌

掲載内容

年月日 2009年7月7日
メディア名 毎日新聞
掲載者 総合政策学科 星野昌裕
内容 2009年7月5日の新疆ウイグル自治区で発生した民族問題について、《「アメ」経済政策 富の分配届かず》として「中国政府は、ウイグル人の独立運動発生の背景として宗教と経済発展の遅れがあると認識している。イスラムに対する規制を行い、自治区を豊かにしようとしてきた。しかし、富の分配はウイグル人に行き渡っていない」と指摘。「今回は早い段階で現地の映像が出たが、漢族の被害が強調される内容にも見える。『悪質な刑事事件』というイメージを強調し、国際社会に正当性を訴えようとしているのではないか」と分析。
「中国は世界ウイグル会議を名指しで非難しているが、交渉相手がなくなり、引き締め政策を続けざるを得ない可能性もある」というコメントが掲載された。