南山大学

 

南山大学 キャンパス・校舎探訪「この宇宙の中に何か不思議な秩序があり、宇宙の万物はこの秩序の絶対価値に従って創られている。
その価値の把握に努力し続けるのが建築だ。」建築家アントニン・レーモンド

新棟紹介ニュース

新棟(R棟)竣工式開催

2011年3月17日

2011年3月16日、新棟(R棟)の竣工式が開催された。

まずはじめに、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震で被災された多くの方々のためにお祈りが捧げられた。

続いて、聖歌、聖書朗読、祝別と、カトリックの雰囲気の中で厳かに竣工式が執り行われた。式の中で挨拶に立ったミカエル・カルマノ学長は、「不安が多い時であるからこそ、私達はお祈りを捧げます。」と述べた後、新棟(R棟)に関して、「ここに新しく誕生したフラッテン・ホール、ワールドプラザなどの施設は教室と研究室とをつなぐ共通の場・交流の場であり、また学生の自由な活動の場、南山大学の国際性を具体的に示す場になることを期待している。」と述べられた。