南山大学

 

南山大学 キャンパス・校舎探訪「この宇宙の中に何か不思議な秩序があり、宇宙の万物はこの秩序の絶対価値に従って創られている。
その価値の把握に努力し続けるのが建築だ。」建築家アントニン・レーモンド

キャンパス・校舎の歴史・沿革

山里校舎(現名古屋キャンパス)構想

当時、新校舎建設において中心的な役割を果たしたのは、のちの初代南山大学長アロイス・パッヘ神父であった。以下、『南山学園の歩み』(1964)よりパッヘ神父の言葉を一部抜粋。

「パッヘ学長が希望してきた綜合学園 ― 幼稚園 、小学校、 中高校、 大学、 大学院までを擁する大南山の構想を語り、(一部省略)百年以上さきのことを考えて計画をたてたかった。― 許されれば最初から広い場所を得て大学を建設し、学生に甘美な思い出を残させたい。 しかし古い大学は小さい所からはじまった。 学部組織も急いでは良い大学はできない。 いずれにせよ成長しなくてはならない。 そのために土地が必要である。― と未来の綜合大学のために広い土地を希望した。」

「昭和二十三年(1948)十二月九日の理事会は、隣接地の五軒家町、駒方町、隼人町、 南山町にわたる約二万坪と、 将来の大学移転を考慮して楽園町、 八雲町、 山里町、 山手通り、 滝川町にわたる約十万坪を購入する案を採択。 二十四年(1949)五月十五日の理事会は八雲町、 楽園町、 山里町方面の土地買収のため米国からの補助金四万五千弗をふりむけること、 滝川町の真宗専門学校の土地と建物、 南山町の土地購入その他を決議したが、 これらの決定事項は昭和二十九年(1954)にかけて漸次実現されていったのである。」

パッヘ神父の構想を具現化するべく、神言修道会会員をはじめとした南山学園関係者が情熱と理想をもって取り組み、建築家アントニン・レーモンドとの出会いによって結実したのが、南山大学山里校舎(現南山大学名古屋キャンパス)なのである。

名古屋キャンパス 歴史・沿革
瀬戸キャンパス 歴史・沿革(2000年〜2017年3月)

【参考文献】

1963年10月の名古屋キャンパス工事状況 (南側から臨む)

新校舎構想図を背にした初代南山大学長アロイス・パッヘ (『卒業アルバム1952』)

新校舎構想図 (『卒業アルバム 1952』)

移転前の五軒家町の大学校舎スケッチを背にした第2代南山大学長沼澤喜市 (『卒業アルバム 1958』)