南山大学

 

上南戦 伝統の一戦 上智大学・南山大学総合対抗運動競技大会

上南戦を終えて

新たな歴史が刻まれた上南戦第50回記念大会

2009年6月9日

記念すべき50回大会は上智大学を会場として、両大学の協力の下、盛大に開催することができました。代々木競技場第二体育館において開会式が挙行されたこと、6日の夕べには職員、体育会OB・OG、ウイングクラブ合同の大懇親会が催されたことなど半世紀にわたる上南戦を記念する企画が成功を収めました。

本学においては上南戦実行委員会を中心に記念大会に向けて時間をかけた準備をし、キャンパス間バスのラッピング、マスコットの「ライナン君」の創作、南山ブルーの応援グッズの作成、観戦ツアーの企画、上南戦弁当の販売、上南戦フロア企画など、本当に盛りだくさんの取り組みを行いました。また今回は、体育会の競技だけでなく、文化系のクラブやサークルによる各種の交流企画を行い、こちらも大きな成果を挙げました。ここに新たな上南戦の伝統の芽生えを感じています。

総合優勝はホストであった上智大学に譲りましたが、予定していた全ての競技を実施することができ、それぞれに白熱した試合を繰り広げました。素晴らしい戦いであったと思います。心配された新型インフルエンザの感染拡大による開催への影響もなく、天気にも恵まれ、見えざる力が我々に味方してくれたと感じています。

この輝かしい上南戦の成功について、まず何よりも学生諸君に感謝しています。南山大学の学生のみんなが持てる力を遺憾なく発揮して、このような素晴らしい記念大会を実現させてくれたのだと思っています。私は本学の学生諸君に誇りを感じています。

最後になりましたが、今回の記念大会を成功に導いて下さった両大学の関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

学生部長 森山 幹弘

  • 歴史・沿革
  • 戦績表
  • 上南戦こぼれ話
  • フォトミュージアム
  • ムービーミュージアム
  • 部活紹介
  • エヌキャスト