南山大学

 

   撮影風景

前のページに戻る

「出会えるのは、世界です。」

留学先でのボランティア活動や
クラブ活動などを通じて、
まず誰よりも自分が動くことの大切さに
出会えました。
このことは南山大学が僕にくれた、
大きな財産のひとつです。

経営学部 水谷公祐 さん

 Q&A : アンケートにご協力いただきました。
Q.現在の学部・学科でどんなことを学んでいますか?

A. 経済学や、社会においての企業活動を総合的に学び、その上で自分でテーマを決め研究していきます。
私は現在、日本の企業や商品がいかに海外の消費者に認知され、数ある製品、企業の中から選ばれるブランドをどう構築していくかということを実際の企業のマーケティング活動を通じて学んでいます。

Q. 南山大学のどんなところに国際性を感じますか?

A. 南山大学にはいろいろな国からの留学生や先生方がおり、どこの学部でも他の文化を持つ人々と、簡単に友達が作れ、大学にいながら他の文化に触れることができます。また、南山大学は世界中に提携校があるため、自分の望む国に留学ができ、留学の制度や留学を支援する組織もしっかりとしているので単位や進路についてしっかり考えて留学することができるから、本当の意味で海外に開けた学校だと感じられるところです。

Q. 将来の夢や、なりたい職業、またその理由などについて教えてください。

A. 将来は貧しい人々のために世界で貧困をなくすために働きたいです。日本人としての誇りを持ちつつ国際人として大学の教育モットーである「人間の尊厳のために」を実践できる人間になりたいです。私は、留学先での経済的に恵まれない高校生に対するボランティア活動やフットボールというスポーツを通して得た、自己犠牲心、すなわち人々のために仲間のためにまず自分が働くということに非常に深い意味を感じ、社会に出てもそれを実践していきたいと考えます。


 撮影風景

メイクスタート。初めての経験で緊張しますよね…。
 


7名の先頭をきって撮影スタート。プロのカメラマン、本格的な機材、そして皆の熱い視線に緊張はピークに…


スタッフの方と写真の確認中。
うまく撮れているかな?!
 



撮影を終えて
とても緊張しました。自分が本当に素人だと痛感しました。特にカメラでの顔作りは大変でした。