南山大学

 
News & Topics 2006年3月17日

南山大学連続講演会 「学科長が語る南山の現在(いま)

ITからICTへ
−情報通信技術の進歩とアンテナの役割−

■詳細
開催日 6/10(土)
時間 14:00-16:00
講演者 情報通信学科長  稲垣 直樹教授
専攻分野 電磁波工学
講演タイトル ITからICTへ  −情報通信技術の進歩とアンテナの役割−
詳細  「ITからICTへ」とテレビコマーシャルにありますが、何を意味するのでしょう。総務省は大綱の名称と構想をIT政策とe-Japan構想からICT政策とu-Japan構想に、平成17年度に変更しました。ICTはITにC(Communication:通信)を加えた言葉で、CはCollaboration(協力、協調)も含意し、「人」が主人公であり「有機的・バリュー増加」を主張します。uはubiquitous(ユビキタス、あらゆるところにある)の意味で、universal(ユニバーサル)、user-oriented(ユーザ)、unique(ユニーク)のuにもつながります。ユビキタスネット社会では「人と人」、「人とモノ」、「モノとモノ」の間のC(通信)が現実のものとなり、近未来において、このような情報通信技術の進歩により私たちの生活スタイルは一変するかも知れません。車もカーナビ、VICS、ETC、キーレスシステムなど眼に見えない電波を使って便利になりました。身の回りに潜むアンテナを理解しましょう。
申込方法  申込方法はこちら