南山大学

 
News & Topics 2006年3月17日

南山大学連続講演会 「学科長が語る南山の現在(いま)

自伝的記憶 −自己を支えるもの−

■詳細
開催日 10/28(土)
時間 14:00-16:00
講演者 心理人間学科長  神谷 俊次教授
専攻分野 実験心理学、認知心理学
講演タイトル 自伝的記憶 −自己を支えるもの−
詳細  「自分は何者か?」―誰もが自問し続けているテーマだと思います。この問いに答えるには、その人が経験してきた出来事の記憶が使われています。人は学校で学んだ知識だけでなく、日常生活における経験も記憶としてたくわえ、必要に応じて取り出して利用しています。テストを受けるときは、学んだ知識を意図的に思い出していると思います。しかし、自伝的記憶とよばれる自分自身にかかわる記憶には、思い出すという意識がありませんので、何に役立っているのか調べられてきませんでした。しかし、近年、自伝的記憶にはいくつかの役割があることが分かってきました。その一つが、自分が何者であるかを定義する働きです。この講演では、日常生活の中で、ふと過去の出来事がよみがえってくる現象に焦点を当てて自伝的記憶の機能について考えていきたいと思います。自伝的記憶を調べることが、人間やこころの理解に結びつく切り口になることをお話したいと思います。
申込方法  申込方法はこちら