南山大学

 

南山大学 国際化の取り組み

海外実習

国際教養学科/GLSフィールドワーク 世界各地で専門分野への知識を広げる。(2019年度より実施)

学生が世界各地に赴き自分自身のテーマに基づいた現地調査・体験を行う、第2クォーターに実施される海外実習です。これは3年次及び4年次に履修可能なもので、英語圏だけでなく、様々な言語圏で実施するため、それぞれの興味や研究関心に合わせて選択することができます。専門科目への知識をさらに深め、卒業論文プロジェクトのための準備を進めるプログラムです。

学びの内容

第二言語や興味・関心に合わせて選べる海外フィールドワーク

この海外実習は英語圏だけでなく様々な言語圏で実施されるため、2年次から選択する第二言語を用いてフィールドワークを行うプログラムです。また、プログラム内容は実習先で異なりますが、文化体験、ボランティア、インターンシップ、聞き取り調査、国際機関訪問などが用意されています。

基本情報

海外実習先
(滞在地域)
アメリカ合衆国(ワシントンD.C./ニューヨーク)
インドネシア
ドイツ
フィリピン
フランス など
期間 3年次第2クォーターまたは4年次第2クォーター
約3週間(地域によって異なる)
参加費用(予定) 約25万円〜40万円(地域によって異なる)