南山大学

 

南山大学 国際化の取り組み

海外実習

総合政策学科 政策研修プログラムD(フィリピン) フィリピンで公用語の英語を学びつつ、異文化や歴史に触れる。

フィリピンの首都圏にあるアテネオ・デ・マニラ大学で夏休みに3週間実施されます。「フィリピンNAP」では、フィリピンの公用語である英語を中心とする語学学習、文化体験、見学ツアー、ホームステイなどのプログラムの他、事前授業での準備をふまえて、それぞれが取り組むテーマについて聞き取り調査や観察などのフィールドワーク(現地調査)を行います。こうした体験を通じてグローバル人材としての素養と現地社会に対する理解力を高めることを目的としています。

※ NAP:Nanzan Asia Program

実習内容

事前授業で研修先の文化や社会を学び、現地調査の準備を行う。
事前の国別授業では、歴史や文化、政治・経済などのフィリピン社会ついて学び、基礎知識を身につけるとともに、現地調査のテーマを設定します。また、調査テーマごとにグループ分けを行い、グループごとにテーマに関する社会的背景や現状を把握しつつ、具体的な調査内容や調査方法などについて準備します。事前授業のまとめとして、グループごとに調査計画の発表を行うことで、プレゼンテーションの技能も習得します。こうして学生一人一人が研修に対する目的意識を高めていくように、準備をしっかり行います。

アテネオ・デ・マニラ大学での英語学習・フィリピン文化研修を通じた異文化理解。
アテネオ・デ・マニラ大学の語学センターで約3週間、英語を中心に学習します。フィールドツアーとしては、国会議事堂、NGO事務所、小学校、私営ゴミ処理場などを見学するほか、マニラにあるJICA(国際協力機構)のフィリピン事務所や日系企業を訪問します。フィリピンの都市や地方の村、歴史的な場所などの訪問を通じて、フィリピンの歴史や文化、現代社会についての理解が深まり、フィリピンと日本との関わりなどについても考えるきっかけとなるでしょう。

アテネオ・デ・マニラ大学の学生たちと、互いに学び合う。
このプログラムでは、留学生に対する支援活動を行っているアテネオ・デ・マニラ大学の学生団体、Ateneo Student Exchange Council (ASEC)のメンバーがバディー(チューター)となって、南山大生のフィールドワークの準備など様々なサポートをしてくれます。同世代の現地学生との交流を通じて、フィリピンの文化や社会に対する理解も深まるプログラムとなっています。
今後の勉強に活かせる学びの場となる。
研修後の第3クォーターにフィールドワークの発表会があります。全体授業としての発表会には他国へのNAPの履修者も出席する他、自由参加形式で行われますので、NAPに関心がある学生が学年や所属学部を問わず参加できます。現地調査の内容や結果について、分かりやすく、魅力的に、簡潔に伝えることは、当日のプレゼンテーションの経験だけでなく、それまでの準備も含めて、今後の総合政策学部での学びに大いに役立つことでしょう。

参加学生の声

総合政策学科

内田早紀さん

(2018年度に参加)

私は、2018年8月にフィリピンNAPに参加しました。日本でワンパターンな生活を繰り返していた毎日とは打って変わってフィリピンでの生活は一日一日が新鮮でした!アテネオ大学で英語をみっちり勉強しつつも、フィールドワークで現地の日本企業、世界遺産の教会や国会議事堂をはじめとする様々な歴史ある場所を訪れたり山奥の村で1日ホームステイをしたり、小学校訪問などに行ったりと内容の濃い日々を過ごしました。

フィリピンで生活して思ったのは、裕福な人も所謂貧困地域で暮らす人もみんな陽気で明るく笑顔が素敵で幸せそうに暮らしている人が多いなということです。フィリピンの人は温かい人が多くて居心地が良く、最後はまだ日本に帰りたくないと本気で思ったくらいフィリピンが大好きになりました。

フィリピンNAPに参加したからこそできた貴重な体験の毎日は本当に人生観が変わるような経験の連続です。総合政策学科に入ったらぜひフィリピンNAPに参加することをおすすめします!

学びの内容

学生一人一人のレベルに合った英語研修。
アテネオ・デ・マニラ大学において、フィリピンの公用語である英語を中心とする授業を受講します。英語の授業は午前と午後に行われ、夕方にASECメンバーがチューターとなり、フィールドワークの準備作業をします。
フィリピンに対する異文化理解力を養う。
英語の授業以外に、フィリピンの歴史、文化、政治・行政、さらには環境問題、貧困問題などについて英語での講義を受講します。また、都市と地方の村を訪問する他、フィリピンの文化、芸術、民族、歴史を学べるアヤラ博物館、国会議事堂、JICA(国際協力機構)のフィリピン事務所、日系企業を訪問します。また、小学校訪問では現地の小学生とも交流する機会があります。このプログラムを通して、様々な形でフィリピンについての理解を深めます。
帰国後の報告発表会でフィリピンNAPの成果を確認する。
帰国後にフィールドワークや調査結果に基づいて、フィリピンで学んだことを発表するため、プレゼンテーション能力が養われます。

基本情報

海外実習先 フィリピン アテネオ・デ・マニラ大学
滞在地域

ケソン市(マニラ首都圏)

※1948年から1978年までのフィリピンの首都。南部の中心地区には市庁舎だけではなく、いくつかの中央政府官庁や出先機関、医療機関や研究所が位置しています。

期間 8月4日〜26日(※2018年度実績。2019年度は変更の可能性もあります。)
参加費用 27万円(※同上)
参加人数 約16名

スケジュール(2018年度)

1日目 アテネオ・デ・マニラ大学着 大学近隣ホテル泊*
2日目 休日
3〜7日目 アテネオ・デ・マニラ大学における英語授業
・チューターとのフィールドワーク準備
8日目
講義:
Orientation on Philippine Culture
Philippine Government and Politics
9日目

フィールドトリップ (Corregidor Tour)

10〜13日目

午前:英語クラス
午後:フィールドトリップ
(Intramuros Tour、Batasang Pambansa、Japanese Company Visit、Ayala Museum)

14日目

英語クラス修了式
フィールドトリップ(Malacanan Tour)

15日目

講義:
Philippine History Overview
Philipino Family

16日目

休日

17日目

講義:
Poverty in the Philippines
Philippine Environment
JICA訪問
18〜19日目 フィールドトリップ( Daraitan, Tanay Rizal)

Daraitan 泊

20日目 フィールドトリップ
(Payatas Trese & Payatas B Annex Elementary School)
大学近隣ホテル泊
21〜22日目 フィールドトリップ(Villa Escudero) Basang Basa Resort泊
23日目 帰国  

※スケジュールは、年度によって変更になる場合があります。
*南山大生どうしの相部屋となります。