南山大学

 

南山大学 国際化の取り組み

海外実習

アジア学科 海外フィールドワークA(台湾) 中国語の実践、現地学生との相互学習により、語学をさらにスキルアップさせる。

「英語万能」が叫ばれる時代ですが、アジアを相手に仕事をしようとするとき、あるいはアジア諸地域で実際に生活しようとするときには、現地語を使いこなせることがたいへん重要で、現地の人びととのコミュニケーションもこれによってよりスムースに進めることができます。海外フィールドワークAでは、大学で学んだ中国語を現地で使ってみること(実践)、現地での授業や学生たちとの交流によって中国語能力を向上させること(相互学習)、現地の生活に触れてみること(体験)、歴史や文化を肌で感じてみること(視察)といったことを主な目的としています。

フィールドワークの内容

輔仁大学における中国語学習
多くの国から留学生を受け入れていて中国語教育に定評のある輔仁大学の言語センターにおいて、南山大学単独の少人数クラスによって中国語を学びます。アジア学科の2年生にとっては、日本語を用いずに中国語で中国語を学ぶ最初の機会になります。

日本語学科生との相互学習
教室におけるグループ発表および市内見学からなります。グループ発表は、アジア学科生が事前にいくつかのテーマを立てて準備してきた日本紹介を、輔仁大学生の前でパワーポイントによる提示や実演等もまじえながら、プレゼンテーションの形で行います。その後これをうけて双方の学生が質疑応答、討論を行います。市内見学では、土曜日にアジア学科生と輔仁大学生を合わせていくつかのグループに分け、グループごとに大学近辺や台北市内外に出かけて、中国語と日本語を互いに教えあいながら一日をすごします。

歴史・文化に対する理解
中国や台湾の歴史・文化については、アジア学科の授業(「入門演習」・「アジア学入門A・B」など)で基礎知識を学びます。そのうえで、この実習中では、篆刻・台湾語など文化学習の授業を設けるとともに、故宮博物院・九份などの史跡を参観し、中国や台湾の歴史・文化に関する文物を直接目にすることができます。これにより、アジア学科の授業で学んだ知識をより深く身につけることができます。

輔仁大学学生との相互学習

現地では、輔仁大学の学生とさまざまな形で相互学習をおこない、習得した中国語による会話を実践していきます。台湾到着直後には、キャンパスツアーや日本文化・台湾文化に関する討論会を開き、両文化の共通点や差異について理解を深めます。また、平日の授業後や週末には、輔仁大学の学生と待ち合わせをして台北市内外へ出かけ、食事・買い物・観光などを通じて、日本語と中国語を互いに教えあいながら交流を深め、中国語や台湾文化をより深く理解することができます。

また、台湾をより深く理解するには、書籍やニュースで勉強するのはもちろんのこと、現地の人々から話を聞き、彼らの考えを理解することが重要です。アジア学科生はフィールドワークの約半年前から書籍やニュースを読み進め、台湾の社会や文化に関する基礎知識を深めます。そのうえで、「現代台湾における女性の社会的地位はどのようなものか?」「台湾の人々は中国大陸をどのように見ているか?」「台湾の人々にとっての日本は?」など、グループごとに問題を設定し、関連する施設や史跡などを訪れて資料を集めたり、聞き取り調査を行ったりします。こうしたフィールドワークを通じて台湾や台湾人についての理解を深めていきます。

レポートの作成と帰国後のプレゼンテーション
台湾でフィールドワークを行った後は、中国語・日本語の両方を駆使してレポートを作成します。インタビュー内容を文字化して文章の構成を考えることを通じて、情報整理力および文章力を高めることができます。帰国後は、新入生オリエンテーションなどの場において、レポート内容をふまえたプレゼンテーションを行います。これによって、情報発信力を鍛えることができます。

参加学生の声

アジア学科

正木大地さん

(中国留学中に)
(1年次にアジア言語実習A
参加)

※旧実習名

私が言語実習で得られた最も価値あるものは“目的意識”です。
大学の講義で中国語の文法や構造を学んでいても、実際にコミュニケーションのツールとして使う機会はなかなかありません。しかし、言語実習の間は四六時中、中国語に囲まれた生活になります。授業は中国語のみで行われますし、街に日本語の標識なんかありません。コンビニで買い物をするのでさえ必死です。楽しさのなかにも緊張感があり、このような体験は日本にいてはなかなかできないと思います。言語実習は三週間程度で、参加するだけで急に語学力が向上するということはありません。たくさん恥ずかしい気持ちや、歯がゆい気持ちになるでしょう。でも、そのような時こそ「中国語をもっと学びたい!」と感じる瞬間なのだと思います。実際に、私はこの言語実習で目的意識をはっきりと持つことができ、三年次に中国へ一年間留学しました。皆さんにも、是非この貴重な体験を通じて、語学を学ぶモチベーションをグッと上げてほしいと思います。

学びの内容

実践
大学で1年間学んで身につけた中国語の力が、現地ではどのくらい通用するのか、そしてなお足りないのはどのような点なのかを実感することによって、これまでの学習をふりかえるとともに、今後の課題を明確にします。
相互学習
現地の大学、現地の講師といういわば非日常的な場で授業をうけることによって、積極的に取り組む姿勢を養うとともに、現地の日本語学科生との交流によって、互いに外国語を学ぶこと、教えあうことの楽しさと難しさを知ることができます。
体験
日本における日常の生活と異なる点はどこか、不便なことをどのようにして乗り切るのか、合理性があるのはどのような点か、といったことを直接に経験し、そのことによって日本を相対化し、客観的にみる視点を養成します。
視察
悠久の歴史を誇る中国文明の粋をあつめた故宮博物院や、日本統治時代の面影を残す九份などを視察します。また、篆刻や台湾語の講習にも参加して、中国文化・台湾文化に対する理解を深めます。

基本情報

海外実習先 台湾
滞在地域 輔仁大学(台北)
輔仁大学は伝統のあるカトリック大学で、南山大学が交換留学の協定を結んでいる提携校でもあります。
期間 7月中
参加学生 2年生 約40名
参加費用 約20万円(実費、2016年度アジア言語実習Aより)

スケジュール

事前授業 8コマ(台湾の歴史と文化・中国語会話・海外実習の心得等)
1日目 輔仁大学到着
2日目 オープニング・授業(午前)・相互学習(午後)
3日目以降 平日は中国語授業・史跡参観・文化学習
土曜日は相互学習
日曜日は自由行動(輔仁大学日本語学科学生との交流)
平日の相互学習は、アジア学科生による日本紹介のグループ発表
21日目 最終試験・フェアウェルパーティ
22日目 帰国
事後授業 2コマ(実習の総括)

※2016年度アジア言語実習Aより。スケジュールは、年度によって変更になる場合があります。