南山大学

 

南山大学 国際化の取り組み

海外実習

ドイツ学科 海外フィールドワーク ドイツについての知識。学んだ事を全て活かして新たな体験を。

いざ、ドイツへ!!
大学で学んだドイツ語を、ドイツの知識を体一杯に詰め込んで、いざドイツへ!自分の知性、感性、肉体を動員してドイツを体験することが「海外フィールドワーク」の第1の目的です。 書籍、マスメディア、大学などで得たドイツについての知識、それによって形作られたドイツについての自分の理解、イメージが正しいのか、または別の事実が隠されているのか、皆さんが習得したドイツ語を駆使して確認したり、探求したりする作業が始まります。

フィールドワークの内容

ヨーロッパ、中東、南米、アジア人! 目標はドイツ語・ドイツ文化!
各10人程度で構成されるクラスでは、世界各国の人々がドイツ語を学んでいます。彼らとドイツ人教師、そして貴方! ドイツ語による異文化コミュニケーションの始まりです。海外の学生が引き起こすコミュニケーションの渦の中で最初は戸惑う貴方!思い切ってその中に飛び込みましょう。「習うより慣れろ」!この渦の中で、貴方は確実に変わっていきます。

デュッセルドルフ大学の学生との交換授業(Tandem)
毎週水曜日、午前と午後にはそれぞれ3時間余りの、デュッセルドルフ大学現代日本学専攻の学生と南山大学学生間の日・独両言語による交換授業(Tandem)が開催されます。テーマを決め、それについてドイツ語を用いる時間・日本語を用いる時間というかたちで使用言語をスイッチしながら、ディスカッションが行われます。日・独6−7名くらいの小さなグループを複数作り、身振り手振りを交えて、懸命の、しかし楽しいコミュニケーションが繰り広げられます。

フィールドワークは知の楽しみ
フィールドワークのテーマは多種多様です。「ドイツのテクノミュージック」、「ドイツ人の環境意識」、「日本とドイツの生活習慣の相違」、「ドイツ社会における女性の地位」、「ドイツの教育問題」etc.
数多くのドイツ人に質問しなければならないテーマ、自分の足で、目で、耳で情報を集めなければならないテーマ。授業の合間を縫って、また週末の自由時間を使って現地調査を行います。日本で事前に調べた事実を確認し、また事実は同じでもそこから感じられるニュアンスが違うこと、そのほか新発見の事実など、皆さんの頭の中では、実習の最後に提出する「研究レポート」の内容がどんどんふくれあがってきます。「海外フィールドワーク」終盤に入ると、集めた情報を分析、整理して報告書に仕上げます。

自由時間を充実させる
デュッセルドルフには、さまざまな文化施設が有り、「K20州立美術館」にはピカソ、カンディンスキー、パウル・クレーなど20世紀の代表的な絵画コレクションがあります。また、「ドイツ・オペラ・アム・ライン」、「デュッセルドルフ・コンサートホール」、「デュッセルドルフ劇場」などでは、オペラ、クラシックコンサート、演劇が楽しめますし、「フィリップス・ホール」では、ポップやロックコンサートが行われます。さらに近隣都市のケルン(大聖堂)、アーヘン(カール大帝)、ボン(ベートーベン・ハウス)、ヴッパータール(現代バレエ)、ゾーリンゲン(刃物)、ネアンデルタール(旧人)にまで足をのばせば文化的、歴史的体験の可能性が広がります。また、著名な現代建築家たちによって建てられた建物が集まった地区や、「旧市街」と呼ばれるデュッセルドルフの昔の姿を垣間見られる一角もあります。スポーツでは、ドルトムント、ゲルゼンキルヒェン、ケルン、ボーフムなどには有名なサッカークラブがあり、日本人選手も活躍しています。
さまざまな角度から、ドイツについて自分なりの学びを見つけましょう。

参加学生の声

ドイツ学科

近藤ゆりあさん

(中央;2年次に参加)

私はドイツ語実習(2015年当時)に参加し、世界各国の留学生が通う語学学校へ行き、現地でホームステイをしました。私は初海外だったので、慣れない土地でわからないことだらけでしたが、とりあえずやってみる!という精神が大切だと感じました。なかなか自分から積極的に話しかけるのは勇気がいりますが、他の国の生徒は自分 と同じクラスでありながらもコミュニケーション力は凄いです。その環境下でなら私たちも自然と会話できるようになります。

また同年代の学生達とも交流でき、自国について紹介し合ったり、週末には小旅行に行きました。彼らとは今でも連絡を取り合うほどの仲です。また自分たちで考えたプランでベルギーやフランクフルトにも行きました。可能性は無限大です。貴重な体験ができてとてもよかったです!

学びの内容

「ドイツ語を学ぶ」から「ドイツ語で学ぶ」へ。
ドイツ人と直接コミュニケーションを取ることにより、それまで文字や映像によってしか伝わってこなかったドイツ人の生活、考え方、感じ方、振る舞い方を、実際に身近で体験することができます。朝、ドイツの家庭で目を覚まし、ドイツの朝食を取り、自分で電車・バスの切符を買い、学校へ。ヨーロッパ各地、ロシア、中東、南米などから、「ドイツ語・ドイツ文化」を合い言葉に集まった人々との、ドイツ語による異文化交流の始まりです。そこでは、ドイツ文化に留まらず、世界の多様な文化を ドイツ語を通して知ることになります。
生きたドイツを知ろう。
ドイツに行く前に行われる事前授業では、ドイツでのフィールドワークの準備を行います。ドイツに関するさまざまなテーマの中から自分が一番興味のあるものを選び出し、まずそれについて日本語文献で徹底的に調べます。その知識をもとにドイツでのフィールドワークが始まります。もちろん前もってフィールドワークの方法も考えなければなりません。ドイツ人に対する聞き取り調査、自らの足を使っての情報・資料収集。そのためには、日々実践的なドイツ語能力を養わなければなりません。現地では、日本で蓄えた知識、経験が全面的に試されることになります。

基本情報

海外実習先 ドイツ連邦共和国デュッセルドルフ市「国際コミュニケーション研究所」
(Institut für Internationale Kommunikation, Düsseldorf ) 以下IIKと略
滞在地域 受け入れ機関IIKがあるデュッセルドルフ市は、ヨーロッパにおける日本企業の活動拠点の一つです。デュッセルドルフ市には、日本国総領事館もあり、7000人余りの日本人が居住しています。町は治安もよく、市内および近隣都市には美術館、博物館、劇場、コンサートホールが多数あります。参加者は、IIKによって厳選されたドイツ人家庭でホームステイすることになります。
期間 毎年6〜7月(第2クォーター中の約4週間)
参加学生 ドイツ学科2年生 60名
参加費用 約35万円

スケジュール

1日目 日本からデュッセルドルフへ向けて出発。
2日目  
3日目 IIKでクラス分けテスト。東アジア学科による歓迎パーティー。
4日目 IIK で授業。デュッセルドルフ大学の学生と第一回目のタンデム(日・独交換授業)
5〜6日目 自由時間
7〜8日目 IIKで授業
9日目 第二回タンデム
10〜11日目 IIKで授業
12〜13日目 自由時間
14〜15日目 IIKで授業
16日目 第三回タンデム
17〜18日目 IIKで授業
19〜20日目 自由時間
21〜22日目 IIKで授業
23日目 第四回タンデム
24〜25日目 IIKで授業
26日目 東アジア学科による送別会。
27日目 自由時間
28日目 IIKで授業
29日目 最終試験
30日目 修了証書授与
31日目 デュッセルドルフから日本へ向けて出発。
32日目 帰国

※参考:2016年度「ドイツ語実習」のスケジュール