南山大学

 

南山大学 キャンパス・校舎探訪「この宇宙の中に何か不思議な秩序があり、宇宙の万物はこの秩序の絶対価値に従って創られている。
その価値の把握に努力し続けるのが建築だ。」建築家アントニン・レーモンド

国際交流

世界が集う、グローバルキャンパス

国際色豊かなキャンパス内では、日本人学生と留学生が交流を深めるため施設やイベントが多くあります。

多文化交流ラウンジ(愛称:Stella)

多文化交流ラウンジは、南山大学の多文化交流の拠点として2017年9月にオープンした、すべての南山大学生が多文化交流を体験できるスペースです。
学生主体の多文化交流イベントを開催し、国籍、文化、言語など、様々な違いを超えて、互いに交流できる場所を目指しています。

多文化交流ラウンジ

ワールドプラザ

ワールドプラザは、自分からもっと外国語や異文化について学びたいと思っている皆さんをサポートする施設です。中に一歩足を踏み入れれば、そこは日本語禁止の世界。でも心配は要りません。ワールドプラザ・アシスタントたちが優しく対応をして、居心地の良い空間を演出してくれます。キャンパスにいながらにして、南山ならではのバーチャル留学を楽しんでください。

外国語教育センター

ワールドプラザ紹介動画はこちらYoutune

交流会館

交流会館は、留学生との共同生活を通して、異文化を理解する力を身につけ、真の国際人となる基礎を育むことを目的とした寮です。
施設は、施錠できる個室とコミュニティルームなどの共用スペースで構成されていて、個室にはベッド、机、クローゼットなどを備えています。管理人が24時間常駐しているので、セキュリティの面でも安心です。ミーティングや各種イベントなどで楽しみながら、意義のある学生生活を過ごすことができます。

交流会館

交流会館紹介動画はこちらYoutune

UR千代が丘住宅

UR千代が丘住宅は、(独)都市再生機構の管理するUR千代が丘住宅の一部を国際交流型宿舎として利用し、国際交流、地域交流を目的として留学生と共同生活をするシェアハウスタイプの宿舎です。
個室にはベッド、勉強机を備え、リビング、キッチン、浴室、トイレはシェアメイトと共有になります。
日本に来たばかりの留学生をサポートしながら、日常生活の中で国際交流を体験することができます。

UR千代が丘住宅

ジャパンプラザ

ジャパンプラザは、日本語だけを使用できる交流の場です。海外からの留学生が教室以外の場所で、日本人学生と日本語で定期的に交流できるようにと開設されました。教科書的な日本語だけでなく、日本人が普段使う日常会話に触れられ、また日本人学生も母語である日本語で気がねなく交流できます。留学生と日本人学生とが気軽に集う、居心地のいい空間となっています。

フィールドトリップ

留学生と行く日帰り旅行です。留学生と日本人学生との交流を図り、また留学生の日本への理解を深めるために、京都観光やトヨタ自動車博物館の見学、座禅体験を行うなど内容は様々です。日本文化に対する留学生の意見や感想は、日本人に新しい気づきを与えてくれるものばかりでとても新鮮。日本人としてのアイデンティティーを見直すきっかけにもなり、毎回大勢の参加希望者がいる人気の企画です。

ホームステイ・プログラム

外国人留学生別科の留学生が、日本の家庭に家族の一員として住むプログラムで、留学生にとっては、日本語を話し、日本の文化を深く知る良い機会となります。ホストファミリーにとっても、留学生と家族ぐるみで長いお付き合いができるようになったと好評を得ています。

国際センター