南山大学

 
News & Topics

南山法科大学院の教育プログラムが
平成16年度「法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム」(文部科学省)に採択

 南山大学は、平成16年度「法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム」(文部科学省)に南山法科大学院で実施している「IT利活用による教育学習機会の拡充−法律基本科目群の効率的自学自習の実現について−」を応募し、このたび採択されました。
 2004年4月に設置された南山法科大学院は、南山大学の建学の精神に基づき、教育モットー「人間の尊厳のために」を実現するために 、社会的弱者の権利擁護を重視するカリキュラムを編成しています。


<参考> 法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム

【目的】 「法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム」は、新たな法曹養成制度の中核的機関となる法科大学院をはじめ、経営管理、会計などの各種の専門職大学院において行われる教育内容・方法の開発・充実等に取り組む優れた教育プロジェクトを 国公私立を通じた競争的環境の中で第三者評価により選定し、重点的な財政支援を実施するものです。これにより、各専門職大学院における教育内容充実のための積極的な取組を促進し、高度専門職業人養成の推進を図るとともに、もって我が国の国際競争力の強化・向上に資することを目的としています。

■取組の概要
大学名・研究科名・専攻名 南山大学大学院法務研究科法務専攻
応募対象 実践的教育推進プログラム
教育プロジェクトの名称 IT利活用による教育学習機会の拡充 −法律基本科目群の効率的自学自習の実現について−
申請区分 単独

【教育プロジェクトの概要 】
 法科大学院は実務家養成機関ですが、その前提として基礎的な法理論(法律基本科目群)を修得していることが必要です。法学未修の院生は3年コースに入り、1年目は専ら基礎的な法理論を修得することになります。このことは、従来法学部4年間で教育したことがらを1年で教育することを意味しています。また、2004年度の入学実態を見ると、3年コースに法学部出身者が多く、入学時に基礎科目についての素養にかなりの差が見られます。
 多様な学生に短期間に多くのことがらを学習させるためには、従来の対面授業による教員の指導だけでなく、院生自身の自学自習を効率よく行うための仕組みが必要となります。そこで、ITを利活用した時間的場所的制約を受けない学習システムを導入し、院生の習熟度に応じた教員のインタラクティブな指導を盛り込み、院生と教員のコミュニケーションを取りながら、学習効率の大幅な向上を目指しています。


南山法科大学院の特色について
教育プロジェクトの特色について
教育プロジェクトの将来展望について