南山大学

 
南山大学概要
目次 - index
 建学の理念
 組織構成図
 南山大学の沿革
 役職者一覧
 教員・事務職員・外国籍教員数
 名誉博士・名誉教授
 教員組織
 留学教員
 2006 年度特定研究助成
 学生数
 学位記授与数
 外国人留学生数
 奨学金
 入学試験データ(学部)
 入学試験データ(大学院・外国人留学生別科)
 キャリアサポートプログラム/2005 年度就職データ
 留学・提携校マップ
 協定校別留学実績
 南山エクステンション・カレッジ
>>研究所・研究センター
 学部・研究所・研究センター・国際教育センター 逐次刊行物一覧/図書館蔵書数
 財務諸表
 科学研究費補助金
 研究助成金・奨励金
 土地・建物
 後援会/友の会
 南山大学アクセスマップ
研究所・研究センター
人間・文化・国際社会に関わる学術研究を推進
南山大学の学術研究機能を担う研究所・研究センターは、主として人間・文化・国際社会に関わる高度な学術研究を推進しています。
最新の研究成果は、研究叢書または、紀要の刊行や学会発表、講演会などの形で広く社会に還元しています。
人類学研究所
半世紀の伝統を踏まえ、主にアジアの民族文化を研究
 神言会員で W・シュミット博士の系譜を継承すべく設立されて以来、56年程の伝統があります。主にアジア諸地域の伝統的民族文化を研究対象と し、宗教の人類学的研究を中心とする特定テーマの比較研究を実施。アジア民族文化の特性とその形成過程の解明を目的としています。その成果は『南 山大学人類学研究所叢書』や『人類学研究所通信』によって公開されています。また『Asian Folklore Studies』(年2回刊行)は、元研究所員のマチアス・ エーデル師がほぼ独力で40年間にわたって刊行してきた専門雑誌であり、同師の亡きあと、研究所はこれを正式に引き継いでいます。他に年に数回、大 学内外の人類学者による公開講演と、懇話会を開催しています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/
南山宗教文化研究所
宗教や文化の研究を通じて、対話と相互理解を進める活動を展開
 世界の宗教と文化一般に関する学際的な研究、とくに日本を中心とした東洋の宗教と文化に関する研究と、キリスト教・仏教・神道などの諸宗教 や現代文化一般との対話と相互理解を促進する活動を行っています。その一環として、日本の宗教に関する学術書や学術雑誌『Japanese Journal of Religious Studies』を編集・刊行し、「科学・こころ・宗教」をテーマとした一連の懇話会や文化間対話を促進する国際ワークショップなどを開催してい ます。
http://www.nanzan-u.ac.jp/SHUBUNKEN/
社会倫理研究所
現代社会における価値と倫理の諸問題を研究
 現代の産業社会及び科学技術文明の中で人間性が失われようとしている風潮に対し「人間の尊厳」を回復する方途を探求する新しいタイプの研究所 です。そこで経済学、経営学、法学などの社会科学の立場から、現代産業社会における価値と倫理の諸問題を研究すると共に、これらの問題に対する社 会的関心を喚起し普及することを目指しており、『社会と倫理』の刊行を始め、シンポジウムの開催等を行っています。このような研究活動と並行して、 社会倫理に関する図書類を収集・整理し、経済学、社会科学方法論関係の文献を収集した「松山学術文庫」、トマス主義、自然法論に比重を置いた「水波学 術文庫」と共に、利用者の便宜を図っています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/ISE/
アメリカ研究センター
約2万冊の資料を収蔵する、中部地区のアメリカ研究拠点
 当研究センターは、学際的なアメリカ研究の推進と、地域研究としてのアメリカ研究の教育面における寄与を目的とし、同時に中部地区におけるア メリカ研究のセンターとしての機能を持つことをその目的としています。そのため、センターの主な活動は、アメリカ研究に関する人文、社会、自然科 学分野を中心とした文献・資料を収集し、閲覧・貸出等を通じてそれらを広く利用者に提供することです。例えば国際関係の諸問題・日本とアメリカの 関係を学ぶための資料を持った図書室があります。また、年に5〜6回、学内外の研究者を集めての講演会、研究会等を開催しています。出版活動として は、1979年から『NANZAN REVIEW OF AMERICAN STUDIES』を編集し、年一回刊行しています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/AMERICA/
ラテンアメリカ研究センター
中部圏でのラテンアメリカ研究の中核的存在
 我が国ではラテンアメリカに対する関心が低い。その証拠に、大学の学部・学科あるいは研究機関で「ラテンアメリカ」の名が付されたところがいく つあるか挙げてみれば、その少なさに驚くはずだ。しかし当センターは創設以来、成果の地域社会への還元をめざし、ラテンアメリカ研究を深化させる とともに、講演会、公開シンポジウム、学術刊行物によってその実像を報告し、中部圏で唯一のラテンアメリカ研究機関としての信頼を得てきた。同時 に、当センターは発足時より「南山から世界へ」を合言葉に、欧文による研究成果発表に積極的に取り組んできている。昨年度より世界各国から投稿さ れる欧文専門雑誌Perspectivas Latinoamericanasを刊行し、従来の刊行物を含めそれらをインターネット上でも購読できるよう準備を進めている。 また、今年度からさらに、より最新の研究を日本語で読めるよう「ラテンアメリカ研究シリーズ」が出版される運びとなっている。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/LATIN/
ヨーロッパ研究センター
現代ヨーロッパへの理解を促進しつつ、国際システムの総合的把握を目指す
 政治・経済・社会など、さまざまな意味において大きな変革の時期を迎えている現代ヨーロッパ。その諸国と日本との相互社会に資することを目的と して発足した当センターでは、21世紀におけるヨーロッパの諸分野における動態に関する研究の発展と深化を極めて重要な課題ととらえています。そ こで、ヨーロッパ研究に関する社会科学系の分野を中心とした文献・資料の収集と整理、およびその貸出しを行ったり、内外のヨーロッパ研究者を招い ての公開セミナーや研究会を実施したりしています。さらに研究活動やセミナーなどの成果を公刊することにより、広く一般に現代ヨーロッパについ ての理解が普及するよう努めています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/EUROPE/
アジア・太平洋研究センター
アジア・太平洋諸国との交流とネットワーク拡大を目指す
 アジア・太平洋地域は、21世紀の活力ある地域協力を実現するために、ASEAN や APEC を中心とした様々な試みが行われています。こうした現状 認識に立脚して、アジア・太平洋研究センターは、北東・東南アジアを中心とするアジアと、オーストラリアを中心とする太平洋地域の政治、経済、社会、 文化などの諸分野における総合研究と資料収集、同地域における学術交流とネットワークの形成を目指しています。特に重視する活動は、共同研究の 企画と実施、ワークショップやシンポジュームなどを通じた研究成果の刊行などであり、これらの諸活動を通じて、他大学や研究所との交流だけでな く、南山大学の学生と教官の交流の場を提供していきたいと思います。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/ASIAPACIFIC/
人間関係研究センター
人間関係の諸問題を学際的・行動科学的に探求。
ラボラトリー・メソッドによる体験学習の国内拠点
 キリスト教的人間観に立って広く学際的・行動科学的に人間・人間関係の研究および研修を行うことを目的として2000年4月に設立されました。1977 年に南山短期大学において誕生した「人間関係研究センター」を基礎とし、日本では数少ない「ラボラトリー・メソッドによる体験学習」の教育実践・研 究機関として機能しています。人間関係トレーニングの基礎研修やファシリテーター養成研修を行い、さまざまな教育現場(学校、企業、医療・看護、社 会教育など)の要請に応えています。
 研究テーマとして、人間学、人間性心理学、人間中心の教育、こころとからだ、グループアプローチ、組織変革と実に多彩で、学際的協同的に展開され、 その成果として紀要「人間関係研究」を毎年発刊しています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/NINKAN/
言語学研究センター
アジアの拠点として、理論言語学研究を推進
 本学の言語学研究の伝統を背景に、アジアにおける研究拠点として2003年4月に設立されました。比較統語論と言語習得論を中心に、アメリカ、ヨー ロッパ、アジアの言語学者との国際共同研究プロジェクトを展開し、また、国内外から研究者を招聘して、ワークショップやコロキュアムを開催してい ます。さらに、Journal of East Asian Linguistics 等の国際的専門誌編集に携わる教員の事務補助、1999年に本学において設立されたアジア理論言語学 会(The Asian GLOW)の事務補助も行ない、本学教員の言語学研究に対する貢献を様々な形で支援しています。今後は、客員研究員や大学院生の研究 活動もサポートし、ウェブサイトの充実、研究報告書の定期的刊行を通して、南山そしてアジアの言語学研究を世界に発信していく予定です。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/LINGUISTICS/
経営研究センター
内外の研究機関と交流しながら、企業の経営情報を収集・分析
 我が国の企業、とりわけ東海地域を基盤とする企業の経営情報を収集・分析したり、内外の大学や研究機関と交流して経営と情報管理に関する諸問 題の共同研究を推進することが当センターの主要な目的です。財務・労務・マーケティング・会計・意思決定・数理科学・情報科学などの各分野にわたり、 いろいろな角度から研究を行っています。国内外から優れた研究者や実務家を招きワークショップや研究会を開催し、それらの成果をセンター報をは じめ、学会を通じて公開しています。多くの海外研究機関との交流が活発になってきていますが、今後さらに中国・台湾・韓国などアジア諸国との関係 を強化して、一層充実した共同研究を推進することが、当面の課題となってきています。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/MCENTER/
数理情報研究センター
学部・研究科と社会の連携を推進
学部・研究科の教育研究の活性化
 コンピュータおよび通信工学に関連する技術は驚異的な速さで進歩を遂げています。これからの技術は社会の変化を加速させ、社会活動の範囲を地 球規模にまで拡張させています。この急速な変化とそれに対応するための社会からの要請に応え、本学では数理情報学部および大学院数理情報研究科 を開設しました。これらの学科・研究科と社会の連携の推進およびそれによる学部・研究科の教育研究の活性化などを目的に、2005年4月に「数理情報研 究センター」を設置しました。センターでは、(1)産学協同研究の推進(企業との共同研究、委託研究など)、(2)社会人の再教育(講演会、各種講習会、セミ ナーの開催)、(3)大学院の活性化(大学院学生に対する奨学金事業、大学院学生に対する研究経費補助事業)を行うこととしています。