南山大学

 
南山大学概要
目次 - index
>> 建学の理念
  組織構成図
  南山大学の沿革
  役職者一覧
  教員・事務職員・外国籍教員数
  名誉博士・名誉教授
  教員組織
  留学教員
  2006 年度特定研究助成
  学生数
  学位記授与数
  外国人留学生数
  奨学金
  入学試験データ(学部)
  入学試験データ(大学院・外国人留学生別科)
  キャリアサポートプログラム/2005 年度就職データ
  留学・提携校マップ
  協定校別留学実績
  南山エクステンション・カレッジ
  研究所・研究センター
  学部・研究所・研究センター・国際教育センター 逐次刊行物一覧/図書館蔵書数
  財務諸表
  科学研究費補助金
  研究助成金・奨励金
  土地・建物
  後援会/友の会
  南山大学アクセスマップ
建学の理念
南山大学の教育モットー

「人間の尊厳のために」
 南山大学を運営する南山学園は、カトリックの修道会である神言修道会 が設立母体となっています。明治末期に来日した神言会ドイツ人宣教師ヨゼ フ・ライネルス神父が、1932 年に南山中学校(旧制)を設立。1946 年南山外 国語専門学校(1947 年名古屋外国語専門学校に改称)が開設され、1947 年の 学校教育法に基づく学制改革によって 1949 年 1 学部 4 学科からなる南山大 学となり、初代学長にはアロイジオ・パッヘ神父が就任しました。以来 57 年 を経た今日では、7 学部 15 学科、7 研究科を擁する総合大学へと発展して います。
 南山大学は、男女共学の総合大学としては、中部唯一のカトリック系ミッ ションスクールで、「キリスト教世界観に基づく学校教育」をその建学の理 念としています。この建学理念に具体的な方向性を与えるために、本学は「人 間の尊厳のために」(ラテン語で Hominis Dignitati)という教育モットーを 掲げています。
 キリスト教では、人間は神に創造されたものとして侵すことのできない 「尊厳」つまり人間としてのかけがえのない価値や権利を持っている、と教え られています。このような人間の尊厳をしっかりと把握し、これを尊重しつ つ生きていく人間になるように、という願いがこのモットーに込められてい るのです。
コミュニケーション
コミュニケーションロゴは、ZANを上昇させ、NとZを交じ合わせ、プラス思考・交流をイメー ジさせる十字を形づくったデザインです。十字はキリスト教の精神を表すと共に、今まで培って きた伝統を大切にしながら、新しい付加価値を創造し、未来へ発展していこうとする「伝統と未来 の調和」を象徴しています。ZANが上がっている形状は、向上心とチャレンジ精神など前向きな 上昇志向を表現しています。
エンブレム
南山大学の伝統性を表現し、象徴性と権威性を強調したものです。NANを縦にZANを横に組 み合わせ、クロスを描いた形を表現し、キリスト教の精神を象徴した独自性と知性の標章です。ク ロスの中心には、アルファベットの先頭文字Aが重なっています。Aは「No.1 最高位」を意味し、国 際的にもトップに輝く南山大学を表出しています。