南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Cathy Anatra

Dear Masahiro Hoshino san (and others at Nanzan's Center for International Education),

My name is Cathy Anatra. I am a 2010 alum of Nanzan's study abroad program. I enjoyed reading your message about your area of study. I cannot recall if we met while I was at Nanzan. I apologize. However I am happy to write to you now. Your studies sound very interesting and I agree with you that one's international experiences as a student greatly influences one's life. I definitely feel that my time spent in Japan was crucial for me and my goals for the future.

I miss all the kind faculty and people that I met at Nanzan. This past year I was able to see Machida Nanako sensei again during a reunion dinner in Chicago. It was so nice to meet her again and to meet fellow Nanzan exchange students from generations past. There was an alum from the 80s, the 90s, the 2000s, and the 2010s! I hope I can attend other reunion events in the future as well.

Among my fondest memories of Nanzan is the memory of taking sadou in the traditional tatami room. Walking to that class was like being transported to another era. I remember walking past the Center for Japanese Studies Office building (I think its location has changed since then) and then up a hill with trees shading it from one side. Stepping into the tea classroom was like going back in time. The instructors would be there to greet us always wearing traditional kimono. We would sit on the tatami and wait to take our turn in the ceremony. The formality yet simplicity of the ceremony never failed to move me.

Since graduating from the University of Rochester this past year I have applied to the JET Programme in Japan. Today I received an email informing me that I have been accepted into the program. I am absolutely elated. The JET Programme is such a wonderful program. I want to be a part of cultural exchange and internationalization. I feel that there is no higher calling and I hope I can make a difference in my students' studies and lives just as I have been so fortunate to have had many teachers make a difference in mine.

I will not know exactly where in Japan I will be placed until May or June. No matter where I am placed though, I want to make a trip to Nagoya and visit Nanzan once I am settled into my new position. I hope I can meet you in person later this year. I hope I can see all the Nanzan staff again too. Please let me know if I can share any other memories with you or help the Nanzan alumni network in any way.

Sincerely,
Cathy Anatra
University of Rochester

星野センター長と国際教育センターのスタッフの皆さんへ

私はキャシー・アナトゥラです。2010年にCJSを卒業しました。星野先生の東アジア地域研究についてのコラムを楽しく拝見しました。私の研究領域と近いのでCJS在籍中にお会いできなかったのが残念ですが、今こうしてお手紙を書くことができるのは嬉しいことです。先生の研究にはとても興味があります。また先生のおっしゃる学生時代の異文化体験がその後の生活に非常に影響を及ぼすものだということにも同感です。私にとっても日本で過ごした時間が将来の目標を明確にするものであったと感じています。

南山大学の親切な先生方、スタッフの皆さん、出会ったすべての人々を恋しく思っています。昨年のシカゴでの同窓会「シカゴ留学生南山会」に出席した折に町田奈々子先生と再会することができてとても嬉しかったです。「南山会」には1980年代から90年代、そして2000年代に南山大学に留学した元留学生たちが集まり楽しく過ごしました。次の「南山会」も楽しみにしています。

CJSでの一番の想い出は茶道の授業です。畳敷きの茶室へ行くのにグリーンエリアを横切り、当時の国際教育センターがあった第2研究棟の脇を抜けて、薄暗い丘の林の中に入っていく感じはまさに別世界の古い時代にタイムスリップするかのようでした。茶道の先生方はいつも着物姿で私たちを出迎えてくれました。畳に正座して自分がお茶を点てる順番を待つのは儀礼的で堅苦しくもありましたがいつも感動的でした。

昨年ロチェスター大学を卒業してから、日本での英語を教える教員を募集しているJETプログラムに申し込みました。実は採用の通知が今日届いたところだったのでかなり意気揚々としています。JETプログラムは文化交流と国際化のための素晴らしい取り組みだと思います。これ以上の幸運はないと思いますし、私がそうであったように、自分の生徒たちがいろいろな先生から多くのことを見聞きして学べるように頑張ります。

日本のどこに行くかは未だ知らされていませんが、どの学校に配属されても必ず名古屋には行きます。星野先生にもお会いしたいと思いますし、南山大学のスタッフの皆さんにもお会いしたいです。南山大学留学生同窓会のために私にできることがあれば知らせてください。

キャシー・アナトゥラ
南山大学外国人留学生別科
2010年春学期-2010年秋学期