南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Moses Liongitau Fotu Fonua

Why did I come back to Nanzan University? was the question that I have been asked frequently, since returning back here. I came back for only one sole reason. My reason was literally not for sightseeing (although that was what I had written on the entry card when entering the country). It was also not for exploring new places, seeing new destinations. It was only to see my friends and revisit those memories that I had made during my time here.

Of course, coming back here you want to know what I have been up to right since leaving `my Japanese hometown', right? Well since leaving I have been asked to promote exchange to students especially to Nagoya because it is not a very familiar place to many students.

I have been interviewed by a famous newspaper company in Australia. I also was given the opportunity to work at my University as a Student Assistant (which then led to me becoming a Coordinator for a different company which had ties to the University)!

With the future looking steady, I came back here to Nanzan to revisit those memories and to see my friends. That I had already mentioned. But what I didn't mention was that I needed motivation as `steady` is something I am not fond of. I came here to Nanzan especially to help me find a new goal. And between you and me, I think I have found it within this short trip here.

Oh and my Japanese language ability. Yeah, the time here at Nanzan was the best time of my Japanese progression abilities. I improved 10 fold to the point where going back to my home institution I had to study by myself. I am forever grateful to not only for this improvement from Nanzan but also for giving me the opportunity for this great chance to make lifelong friends and for giving me a reason to come back here and find a new reason for the future.

「なんで帰って来てるの?」って今回の名古屋訪問中によく訊かれます。それに対しての回答はひとつしかありません。観光のためではありません(でも、外国人出国記録には理由としてそう記入してしまいました)。眺めたりしたことがない美しい景色を観に来たという理由ではありません。実は、留学していたときの友達に会ったり、その頃遊んでいたことなんかをもう一度やったりしたいっていうのが本音です。つまり、ただ懐かしい時間を取り戻したかっただけです。

留学プログラムを修了して、僕の日本の故郷・名古屋からオーストラリアに帰国してから今まで何をしてきたか知りたくないですか。

修了後、すぐシドニーへ帰りました。名古屋とか南山大学のことをみんなに宣伝したりしました。なぜかというと、単に好きだからというだけではなく、シドニーにいる人たちに名古屋のことを話しても、名古屋があまり知られていなくて微妙な感じだったからです。

自分の大学とオーストラリアのとても有名な新聞会社から、名古屋や日本についての取材を受けたこともあります。大学からいろいろなジョブオファーももらって働きました(この「友達訪問旅行」が終わると、シドニーのある会社のガイドさんとして働くことになっています)。

未来が前よりもはっきり見えてきて、今よりもちょっといい生活を送ったりできそうなので、少し懐かしい気分に戻りたくなってきました。僕的にはライフスタイルのバランスがいいこととかだけでは、そんなに満足が出来ません。これって本当の本当の本当の今回の来日の理由です。また自分の中の新しい目的を見つけられるように、探せるようにここに戻りました。南山大学を再び訪れて、留学中に持っていたモチベーションをまた取り戻せた気がします。

あっ、そうでした、まだ言っていないですね、僕の日本語能力について。留学する機会が与えられて本当によかったです。僕の日本語能力は自分でも意外に思えるほど本当に上達しました。最初からこうなるとはぜんぜん期待していませんでした。南山への留学を終えてオーストラリアに帰国した後、ひとりで自習ばかりしていました。母校には僕のレベルに合う授業はなかったからです。

日本語能力を身につけられたこととか、様々な国に住んでいる一生の友達ができたこと、またこれからに向けて新しいモチベーションを与えてくれた南山大学に何よりも感謝します。