南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Anna Malia Perdomo

In June 2011, Anna Perdomo dropped in to the CJS Office to say hello. She was busy traveling around on holiday, but everyone enjoyed catching up with her. Perdomo-san wrote a letter to us looking back on her time studying at Nanzan that we will include here.

After I finished CJS, I came back to my university California State University Fullerton and started CSUF Japanese Culture Club to promote language exchange between Americans studying Japanese and Japanese studying English. I have since graduated and am working as a project manager at a small business here in Los Angeles.

Last June I was planning on going back to Japan to visit my boyfriend's family in Sapporo. However, I successfully convinced him to spend a few days in Nagoya so I could visit my wonderful host family and of course say hi to the always welcoming CJS staff! The new building really surprised me!

One of my favorite memories at CJS was starting "Seihoshinki" with the international group of friends I made at Nanzan. Bonded by our obsession for a Korean pop group named "Tohoshinki," we learned one of their most popular dances and performed it at the CJS graduation party. It was definitely a highlight of my time in Nagoya. In retrospect, whether it be going out to drink, doing karaoke, walking around Sakae, or walking up the long path to Yagoto's Jusco and stopping at Rafters for a delicious Kahlua shake along the way, everyday spent in Nagoya has a fond place in my heart.

I am hoping that someday I will be able to live in Japan for a time. But until that happens, I will be going back to visit as much as possible!

Studying at Nanzan was the best decision I have ever made in my life. Not only did it provide me the necessary tools to become proficient in Japanese, but it gave me the confidence to be able to use it every day. In addition, I was able to make a wide variety of friends from many different countries. Just go to Nanzan. If you are hesitating due to financial difficulties, just remember: If there is a will, there is a way. There are always financial aid resources available. Just go. You won't regret it.

2010年6月、ペルドモさんがCJSオフィスを訪ねてくれました。旅行中の忙しい中での来学でしたが、とても嬉しい再会でした。留学していた頃を振り返って手紙を書いてくれましたのでご紹介します。

CJSのプログラムを終えて母校カリフォルニア州立大学フラートン校に戻りました。日本語を勉強しているアメリカ人学生と英語を勉強している日本人学生の交流を目的とする「日本国際交流文化部」というクラブを立ち上げて活動していました。今は地元ロサンゼルスで小さな会社のプロジェクト・マネージャーとして働いています。

昨年の夏、お付き合いしている彼氏が札幌の実家へ帰省するのにくっついて日本へ行きました。途中で名古屋に寄ることができたので、留学中お世話になった素敵なホストファミリーやCJSのスタッフにも会えました。名古屋キャンパスの新しいR棟の建物にはスゴくビックリしました。

留学中の一番楽しかった想い出は留学生仲間と「西方神起」というグループを作ったことです。有名な韓国のアイドル「東方神起」の大ファンだった私たちは「東方神起」の曲の振付を練習してCJSのフェアウェルパーティーで踊りました。私にとって名古屋で一番の想い出となりました。振り返ってみると、お酒を飲みに行ったりカラオケに行ったりしていたこと、栄の街を散歩したり、キャンパスから歩いて八事の「ジャスコ」に行ったり、その途中にあるコーヒーショップ「ラフターズ」で大好きなカルア・シェイクを飲んだりしていたこと、名古屋で過ごしていたすべてのことが私の心の中の優しい場所になっているのです。いつか日本で暮せるようになるまで、何度でも来日しようと思っています。

南山大学への留学は私の今までの人生で最大の選択でした。CJSでは日本語を上達させる機会が与えられるだけでなく、日本語を日々使いこなせるようになる確信が得られました。いろいろな国から来ている友達も大勢つくることができました。とにかく南山に行ってみてください。学費や渡航費のことで迷っている人にはこの言葉を贈ります。「意志ある所には道がある」。救いの手はどこかに必ずあるはずです。ただ前進あるのみ。行動した後悔よりも、行動しなかった後悔の方が深いのです。