南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Professor Felisa Rey

Since Professor Felisa Rey will return to Spain this Aprilshe visited the Center for International Education before leaving. Professor Rey was a member of the teaching staff at the Department of Spanish and Studies at Nanzan University but retired from that role as of 31 March 2010 after 21 years of service at Nanzan. She came to Japan in 1980, and after studying Japanese for one year at the CJS taught Spanish at Sophia University, before returning to the Faculty of Foreign Studies at Nanzan University in 1989. After she returns to her homeland of Spain, we hope that she has a well-earned and restful retirement.

Felisa Rey 先生は、今年4月に帰国されるので、その前に国際教育センターを訪問してくれました。Rey先生は南山大学スペイン・ラテンアメリカ学科所属の教員ですが、2010年3月31日をもって退職されます。本学には21年間奉職されました。来日された1980年から1年 間、CJS別科で日本語を勉強した後、上智大学でスペイン語を教えられ、1989年に南山大学の外国語学部へ移られました。母国スペインへ帰国された後は、ゆっくりとお休みになり、疲れを癒してもらいたいと思います。