南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Agus Suherman Suryadimulya

On 20 August 2009, Dr. Agus Suherman Suryadimulya visited Nanzan University with his family. This was during the summer holidays, so the campus was relatively quiet, but even so, Agus said several times that visiting Nanzan reminded him that this is where his association with Japanese language research and education all began.

Agus started his connection with Nanzan when he came to join the CJS in 1984 from Padjadjaran University in Indonesia, going on to enter the Graduate School of Nanzan University in 1998, majoring in Japanese language education. In 2002, he carried out research in vocabulary at the Nagoya University Graduate School of Letters, going on to acquire his Phd. He now teaches back at Padjadjaran University, where he is also the director of their Japanese Language Research Center.

He told us that he is now working on the compilation of a Japanese - Indonesian idioms dictionary at the National Institute for Japanese Language in Tokyo.

2009年8月20日にAgus Suherman Suryadimulyaさんがご家族と一緒に来学してくれました。夏休み中で静かなキャンパスでした。久しぶりの南山大学訪問ですが、自分の日本語研究・日本語教育の始まりは南山大学からであったと、懐かしさが蘇ってくると幾度も繰り返して言っていました。

アグスさんは1984年にインドネシアのPadjadjaran 大学からCJS別科に留学したのが最初ですが、1998年には南山大学大学院に進学し、日本語教育を専攻しました。そして、2002年には、名古屋大学大学院文学研究科で語彙の研究を行い、博士号を取得されました。母校Padjadjaran大学で教鞭を取りながら、同大学の日本語研究センター長も兼務しています。

現在は、日本語・インドネシア語の慣用句辞書の編纂の仕事のために日本の国立国語研究所に滞在中とのことでした。