南山大学

 

Alumni Network Former International Students

Radon Grzegorz

On June 9, 2009, Radon Grzegorz visited the Center for International Education for the first time in a while. After graduating from the Department of Japanese of Jagiellonian University in the Polisg city of Krakow, he studied at the CJS for one year from the 2007 Fall Semester on a Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology scholarship. He completed his program of studies in the CJS, planning to stay on at Nanzan University as a research student at graduate school to research the use of male and female language in Japanese, but the scholarship he was aiming for did not materialize, so this summer he has no choice but to return to Poland. He said that he hopes to find a job at a Japanese company back home so he can make use of his Japanese language ability. We wish Radon all the best in his endeavors.

2009年6月9日にRadon Grzegorzさんが 久しぶりに国際教育センターを訪問してくれました。Radon さんはポーランドのKrakowにあるJagiellonian大学の日本語学科を卒業後、文部科学省の奨学生として2007年の秋学期から1年間留学しておりました。CJSのプログラム終了後は研究生として在籍して、新たに奨学金が得てから南山大学の大学院で性別の日本語使用、つまり、「男ことばと女ことば」について研究する計画でした。しかしながら、奨学金をもらうことが不可能になり、この夏には帰国を余儀なくされました。母国では、日系の会社に就職して、日本語を使った仕事ができればといいがと言っていました。これからのRadon さんの成功を願っております。