南山大学

 

Alumni Network Message from Alumni Association

E-Newsletter for International Students


Dear Nanzan Alumni,

I hope this message finds all of you well and happy. Time flies. More than 9 months have passed since I assumed the position of Director of the Center for International Education, and a lot has been happening.

You may or may not know this but our Center handles all the students coming from all over the world, not just to the Center for Japanese Studies but to all the faculties, departments and graduate schools within Nanzan. We are also responsible for all the Nanzan students studying abroad every year. As you can imagine, not a day goes by when there is no “problem” or “issue”. Whenever there is a natural disaster, major accident, or act of terrorism somewhere in the world, it is possible that some of our students are near the affected area. The Center immediately gets in touch with those students and provides assistance as to what they should do to keep themselves safe.

There are, of course, issues that foreign students studying at Nanzan face, many of which are intercultural and/or communication issues. Differences in the expected behaviors or in how they should be conveying what they are thinking in Japanese culture as opposed to in the student’s native culture can very easily (and often unconsciously) cause friction. These intercultural issues can grow to be a serious obstacle to living a fulfilling life in Japan, particularly in a host family situation. Good intensions on both sides can collide and generate a spark of dislike and distrust. In September last year, building on my background in sociolinguistics and communication research, I gave a lecture to all the CJS students and some of their host families together to discuss “why cultural differences can cause misunderstandings and what we can do about them.” The bottom line is that we all have to develop our ability to take the perspective of the other person, putting aside our spontaneous (often emotional) response to what the other person has said or done. It does require patience and discipline, but it is definitely worth it.

So, as you can imagine, thanks to the position I assumed, I am so deeply grateful when the world is peaceful and safe, and when people from different cultures understand and appreciate each other despite their differences. These two situations make my life as Director peaceful.

At last but not least, as I mentioned in my last message, the Center is going to start offering Nanzan Summer Japanese Program staring this June. For details, please click here. I hope we get many good students!

Have a great 2012!

Yoshikazu Charlie Watanabe
Director
Center for International Education
Nanzan University

皆さんお変わりありませんでしょうか。時が経つのは速いもので、私が国際教育センター長の職についてからすでに9カ月が経ちました。ご存じではない方もいらっしゃるかと思いますが、国際教育センターは、世界各国から南山大学の外国人留学生別科に勉強に来る学生だけでなく、南山大学の全ての学部や学科、研究科に来る留学生も対象に業務をしております。また、それだけでなく、南山から世界各国に毎年留学に行くすべての学生に対してもサポートを提供しております。ですから、想像とおり、「何もない日」というのは珍しく、いつでも世界のどこかで、自然災害や大事故、テロ行為等があったという情報が入ると、直ちにその地域の近くに南山の学生が留学しているかを確認し、安全確保に関する情報やアドバイスを提供しています。

それ以外にも、南山で勉強する外国人留学生が直面する問題の対応もセンターの業務になります。多くは異文化やコミュニケーションに関連する問題で、本人が意識していないところで起こる問題が多いようです。その根底にあるのが、日本文化と各自の文化の間にある「期待される行動」や「考えていることの伝え方の文化的違い」のようですが、充実した日本での生活を送る上で、これらは大きな障害になることがあります。特に、ホームステイという環境下では、これが顕著に現れることがあります。双方の厚意が、なぜか相手への嫌悪や不信感を生んでしまうことがあるのです。そこで、去年の9月に、社会言語学とコミュニケーション研究という自分のバックグランドを活かし、全てのCJSの学生とホストファミリーを対象に、異文化理解セミナーを開催し、文化的違いがなぜ誤解を生みやすいのか、そしてそれにどう対処すれば良いのか、について話し合う機会を設けました。一番伝えたかったことは、相手の発言や行動に対する自分の自動的な(そしてしばしば感情的な)反応を一時的にでも横に置いて、まずは相手の視点からその発言や行動を見る力を養うことの重要性です。それを実現するには、忍耐力も訓練も必要かもしれませんが、必ずその価値はあると確信しています。

私はセンター長になったおかげで、世界の平和や安全に対して心から感謝ができるようになりましたし、文化を異にする人たちが仲良く生活することへの感謝の気持ちも大きくなりました。この二つがうまく行っている時ほど、センター長としての私の仕事が平安な時はありません。

最後になりましたが、前回のメッセージでもお知らせしましたとおり、今年の6月からNanzan Summer Japanese Programが始まります。詳細につきましては、こちらをクリックしてください。素晴らしい学生の皆さんがたくさん参加してくれるように願っています!

南山大学国際教育センター長
渡辺義和