南山大学

 

Alumni Network Message from Alumni Association

E-Newsletter for International Students


Dear Nanzan Alumni,

Time flies. The older you get, the more frequently you say this phrase, it seems. It has already been 15 months since I assumed the position of Director at the Center for International Education. In these 15 months, a lot has happened. As I mentioned in my last message, CJS’s summer program was launched and this year’s session has already come to an end. Being its first year, this year’s summer program did not have as many students as we had expected, but 20 very motivated and talented individuals signed up, for which we are extremely grateful. I would encourage you to contact those who are keen on making significant progress in their Japanese during next year’s summer break, or Japanese teachers who can share this information with their students. Word of mouth through Japanese teachers seems to be the most effective way. As you know, the quality of our program is top-notch! All they have to bring with them is the determination and curiosity to learn Japanese and its culture.

On a separate note, we are trying to come up with a way to get our alumni more “connected” on a regular basis. One of the options we are discussing is facebook. I am sure many of you are on facebook already, and many international alumni groups around the world are strengthening their alumni ties using various IT resources. If you have suggestions as to how we can bring more alumni power to Nanzan, please email us your ideas! Also, there might be a quick alumni opportunity in September. Matsui-san in the CIE Office and I will be attending an EAIE conference in Dublin, Ireland, from September 11 to 14 (http://www.eaie.org/home/conference/dublin.html). If you live around there or happen to pass through the area, please let us know! We can have a small alumni get-together.

Last but not least, we have important news to share. Daisy Montesa, our long-time exchange coordinator for CJS, just retired at the end of June. She served for CJS first on admissions and then as exchange coordinator for a total of 22 years! Her dedication and contribution to the international education at Nanzan will be long remembered. I believe the seeds of international exchange she planted in our hearts will grow, its flowers blossom, and then new seeds be replanted. All the staff at the Center for International Education would like to show our deepest appreciation for her many years of dedication and service.

I hope you and your loved ones are doing well. Please keep us posted on how you are doing so that we can keep weaving together our alumni ties the world over.


Yoshikazu Charlie Watanabe
Director
Center for International Education

光陰矢の如し(こういんやのごとし)。年を取れば取るほど、このフレーズを言う回数が増えてくるような気がします。国際教育センター長になってから、すでに15ヶ月が経ちました。その間に、いろいろなことがありました。その中でも特に大きかったのは、前回の私のメッセージにも書きましたが、南山サマープログラムの実施でしょう。最初の年と言うこともあり、十分に情報が行き渡らず20名という参加者ですが、その20名はとてもやる気があり、才能豊かな20人です。もし皆さんの知り合いの中で、夏休みの間に劇的に日本語力を伸ばしたいという人がいたら、またはサマープログラムについて生徒に情報共有をしてくれそうな日本語教員を知っていたら、ぜひ教えて上げてくださいね。皆さんもご存知のように、南山の日本語プログラムはトップレベルの質が売り物です。やる気と好奇心を持って南山に日本語、そして日本文化を学びに来るようにたくさん宣伝してください。

ところで、国際教育センターでは、同窓生たちがもっと定期的につながっていられるシステムを検討中です。オプションの1つとしてfacebookを考えています。皆さんの中にもfacebookをやっている人は数多くいると思いますし、国際的な同窓会組織はテクノロジーを使って、ますます同窓生の絆を強化しているようです。南山においても同窓会力を強める為にどんなことができるのか、もし提案がある方はメール等で連絡をください。

今年の9月に簡単な同窓会を開く機会があるかも知れません。国際教育センターの松井さんと私が、9月11日から14日まで、アイルランドのダブリンで行われるEAIEの会議に出席します。もしその近辺に住んでいる、またはたまたまその時期にダブリンにいるという方があれば、ぜひ連絡をください。ちょっとしたalumni momentを楽しみましょう。

最後に1つ大切なお知らせがあります。留学生別科のexchange coordinatorであるDaisy Montesaさんが6月末をもって引退されました。Daisyは留学生別科の入学担当から始まりexchange coordinatorとして働き、22年間という長きに亘り南山大学の国際教育に貢献してこられました。彼女が私たちの心の中に植えた国際教育の種は、これから成長し、花を咲かせ、そしてその種は引き続きどんどん広がって行くでしょう。国際教育センターのスタッフを代表して、その貢献に感謝の意を表したいと思います。

最後の最後になりましたが、皆さんと皆さんの愛する方々が健康で幸せな日々を送られていることをお祈りしています。また、皆さんの現状をお知らせください。同窓会の輪が世界に少しずつ広がって行くように、世界に散らばる同窓生と共有したいと思います。

南山大学国際教育センター長
渡辺義和