南山大学

 

南山大学3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

南山大学は、キリスト教世界観に基づく学校教育を行うことを、その建学の理念としています。この理念の下、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを掲げ、人間の尊厳を尊重し行動する人材を育成することを目的としています。

この建学の理念と教育モットーを具現化するビジョンを、南山大学グランドデザインは「人種、障がい、宗教、文化、性別など様々な違いを認識し、多様性を前提とした人間の尊厳、他者の尊厳を大切にし、人々が共生・協働することで、新たな価値の創造に貢献する」としています。

このビジョンを体現する人材として、以下の能力を身につけた者に学士の学位を授与します。

  • 人種、障がい、宗教、文化、性別など様々な違いを認識し、受容するための基礎となる教養
  • 多様性を前提とした人間の尊厳、他者の尊厳を尊重する力
  • 多様な人々との共生、協働を可能にするコミュニケーション能力
  • 世界における様々な問題を解決するために必要な専門知識ならびに、解決に寄与する新たな価値を創造する力
  • 地球規模と地域の双方の視点に立って、先入観にとらわれることなく人々と交流することのできる国際性

カリキュラム・ポリシー

南山大学では、教育モットーである「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)の体現を目指して、共通教育科目と学部学科科目、およびこれらにまたがる国際科目群から成る教育課程を編成しています。この教育課程の履修を通じて、ディプロマ・ポリシーに掲げる力を身につけた人材を育成します。

共通教育科目は、主として、人種、障がい、宗教、文化、性別など様々な違いを認識し、受容するための基礎となる教養、多様性を前提とした人間の尊厳、他者の尊厳を尊重する力、および多様な人々との共生、協働を可能にするコミュニケーション能力を身につけることを目的としています。

建学の理念の教育、すなわち、キリスト教世界観に基づく教育を象徴する科目として、本学の教育モットーの意味を様々な視点から考える宗教科目および人間の尊厳科目を配置しています。さらに、「思想と文化・芸術」、「歴史と世界」、「社会と経済・法律」、「自然と環境」、「科学と情報」の5つの分野に、多様性を認識し、受容するために欠かせない教養を身につける基盤・学際科目を配置しています。上述したコミュニケーション能力を養い、向上させるために、英語およびヨーロッパ、アジアの言語を学ぶ外国語科目を配置しています。このコミュニケーション能力を、実践を通じてさらに深化させるために、実践知形成科目を配置しています。

学部・学科科目は、主に、世界における様々な問題を解決するために必要な専門知識を有し、解決に寄与する新たな価値を創造する力、および地球規模ならびに地域の視点に立って人々と交流することのできる国際性を体得することを目的としたものです。それぞれの学部・学科のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけるために、1年次から4年次までの科目を、相互関連性を重視しながら有機的に連携可能な配置としています。

これらに加えて、様々な領域の問題について、多くの地域で公用語として用いられている英語やその他の外国語で学び、それらの言語で議論することによって、高いレベルの外国語運用能力とコミュニケーション力を身につけるために、共通教育科目と一部の学部・学科科目に、国際科目群を配置しています。

アドミッション・ポリシー

南山大学では、教育モットーである「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)を具現化するビジョンとして、「人種、障がい、宗教、文化、性別など様々な違いを認識し、多様性を前提とした人間の尊厳、他者の尊厳を大切にし、人々が共生・協働することで、新たな価値の創造に貢献する」ことを掲げています。

このビジョンの下、ディプロマ・ポリシーにおいて具体的に示した力を、教育課程の履修を通じて涵養可能な人材を受け入れるために、以下の入学試験(審査)を実施し、教育課程を修めるに十分な能力を有するかどうかを多面的に評価し、多様な入学者を受け入れています。

一般入試、全学統一入試、センター利用入試では、各学部・学科で学ぶための前提となる基礎知識を評価します。本学では、多くの地域で公用語として用いられている英語の運用能力を重視して、複数の学部の外国語試験においてリスニングテストを課しています。また、英語能力試験で一定の能力を保証できる者に対しては、複数の試験(審査)において「外国語」あるいは「英語」科目の受験を免除し、満点として取り扱います。

推薦入学審査(学園内高等学校、カトリック系高等学校、指定校)は、基礎学力に加えて学部の専門性をより重視したものです。志望する学部・学科の専門領域に関する知識の程度や、口頭および文章による表現力や論理的思考力、判断力を評価します。

いくつかの学部で実施するAO入試は、日本語の表現力および英語の運用能力を評価するとともに、多様性や主体性、協働性を面接やグループディスカッションを通じて評価します。

外国高等学校卒業者等入学試験および外国人留学生入学審査では、主に日本語と英語の運用能力および本学において勉学する目的の明確さや適性について評価します。

社会人入学審査では、本学において勉学する意思および目的の明確さに加えて社会経験を重視して評価します。