南山大学

 

南山大学大学院 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

南山大学大学院では大学同様に、「キリスト教世界観に基づく学校教育を行うこと」を建学の理念としています。この理念の下、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを掲げています。博士前期課程・修士課程においては、人間の尊厳を尊重し行動する高度専門職業人を、博士後期課程においては、人間の尊厳を尊重し行動する人材を教育できる研究者を養成することを目的としています。

南山大学では、建学の理念と教育モットーを具現化するビジョンを「人種、障がい、宗教、文化、性別など様々な違いを認識し、多様性を前提とした人間の尊厳、他者の尊厳を大切にし、人々が共生・協働することで、新たな価値の創造に貢献する」と掲げ、学部のディプロマ・ポリシーにおいて、卒業時に身につけている能力として、様々な違いを認識し受容する基礎となる教養、人間の尊厳を尊重する力、共生・協働を可能にするコミュニケーション能力、新たな価値の創造力、および国際性の5つの能力を示しています。

南山大学大学院では、上記ビジョンを体現する人材の育成に向けて、学部で涵養した能力に加えて、「専門領域に関する高度な知識を有し、問題解決に寄与する新たな価値を創造する力」をそれぞれの研究科の専門に則して深長します。それぞれの課程における人材養成の目的に照らして、この能力を十分な水準で身につけた者に修士または博士の学位を授与しています。

カリキュラム・ポリシー

南山大学大学院では、教育モットーである「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)の体現を目指して、各研究科において、基礎科目あるいは共通科目と、専門科目ならびに研究指導からなる教育課程を編成し、その履修を通じて、ディプロマ・ポリシーに掲げる力を身につけた人材を育成します。

基礎科目あるいは共通科目は、それぞれの研究科の専門性に鑑み、学部で取得した能力を再確認するとともに、専門性を支えるために必要となる幅広い教養を身につけることを目的とします。専門科目は、高度な専門性を身につけるとともに、さまざまな事象についてその多様性を理解し、人間の尊厳を大切にする姿勢を養い、共生・協働を可能にするコミュニケーション能力、および先入観にとらわれることなく人々と交流することのできる国際性を深長させることを目的とします。基礎科目あるいは共通科目と専門科目を有機的、体系的に配置することで、専門領域に関する高度な知識を涵養します。

研究指導では、学位論文の作成を通じて、問題解決能力の向上を図ります。すなわち各研究科ならびに専攻の専門性に即して問題解決に寄与する新たな価値を創造する力を涵養します。

アドミッション・ポリシー

南山大学大学院では、建学の理念として掲げる「キリスト教世界観に基づく教育」を体現するカリキュラム・ポリシーを定め、それに基づき、教育課程を編成しています。この建学の理念を理解し、教育課程を修めるに十分な学力を備え、物事の多様性を理解する柔軟な精神を有して、国際社会、地域社会への貢献に意欲を持つ学生を、世界のあらゆる地域から受け入れます。そのために、入学志願者が、各研究科の専門性に照らして、大学のディプロマ・ポリシーに示した能力と同等の能力を十分に備えていること、とりわけ、世界における様々な問題を解決するために必要な専門知識ならびに解決に寄与する新たな価値を創造する力の基礎を備えていることを、以下の入学試験(審査)によって確認し、評価します。

一般入学試験では、専門領域に関する基礎知識を考査する筆記試験、英語等の外国語試験、および口述試問によって、各研究科で学ぶ前提となる専門知識、志望する研究領域に関する英語または関係言語の読解力、志望する研究領域に関する論述力、および研究計画を立案し遂行する能力について評価します。

推薦入学審査では、専門領域に関する基礎知識を備えていることを前提に、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力について評価します。

社会人入学審査では、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力に加えて研究計画を立案し遂行する能力、および社会での実績を評価します。

国内在住外国人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて日本語や英語の読解力も評価します。

国外在住者入学審査では、書類審査によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて英語や日本語の運用能力も評価します。