南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 キリスト教学科

  • 学生/男子:25名 女子:69名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/19名

教員紹介

ライチャーニ・ヤコブ (准教授)

  • 所属 / 人文学部キリスト教学科
  • 最終学歴 / 神学博士(Dr. theol.)
[ 長期研究 ]
テーマ
Romano Guardiniの著作における倫理思想
内容
20世紀初頭から為され始めた神学の刷新は諸分野に渡ったが、その先駆者はイタリア出身のドイツ人である宗教思想家のR.グァルディーニ(1885-1968)に代表される。彼の「倫理学」の講義は死後に編集され出版されたが、後半の宗教的な倫理に関する部分は断片のままである。それに限られず、人間論をはじめとする他の講義・著作からも道徳に関する思想が抽出され得る。特に重要な主題はキリスト教の立場から見た人格と善、良心と法の関係、自由と自律などである。
[ 短期研究 ]
テーマ
道徳と芸術の関係、「神の像」の思想、倫理学における幸福という概念など
内容
-
[ 趣味・特技など ] 音楽(ピアノ、パイプオルガン)、文学、外国語学習、茶道、俳句
[ 皆様へメッセージ ] 倫理神学は聞き慣れない言葉でしょうし、高校で勉強したり出来る「倫理」とは若干違いますが、人間の道徳すなわち如何により善く行動できるかをテーマにした学問です。抽象的な考察もあれば、現代社会にとって重要で実用的な問題(例えば生命倫理、社会倫理に関わるもの)もあります。全てはすぐ解決しつくせませんが、まずは根本的な理論から始めましょう〜。頭でする勉強のための勉強ではなく、自分の日常生活にも何か良い影響があることを望んでいます。