南山大学

 

名古屋キャンパス/国際教養学部 国際教養学科

  • 学生/男子:62名 女子:241名 (2018年5月1日現在)
  • 教員/23名

履修について

学びの体系

・グローバル・スタディーズ グローバリゼーションが進む現代社会を、国・地域を超えた関係として捉え直し、文化・社会・経済・情報技術などの観点から理解します。また、その動態と変化を観察することを通して、21世紀の地球市民として必要な多元的価値観を涵養します。
・サステイナビリティ・スタディーズ 貧困、経済格差、環境問題、民族紛争など、世界各地で生起する問題とそれらが生じる要因・背景を把握し、文化、歴史、宗教、教育などの人文学の知見を基礎として、持続可能な社会を実現するためにどのような貢献ができるのかを考えます。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

1年次 2年次 3年次 4年次
必修科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • 学びの技法
  • ICTリテラシー
  • キャリアデザインⅠ
  • GLS English Ⅰ〜Ⅳ
  • 国際教養学入門/GLS Lecture Series
  • 国際教養学概論/Introduction to Global Liberal Studies
  • シティズンシップ論A/Citizenship A
  • 創造的・批判的思考/Creative and Critical Thinking
  • [ グローバル・スタディーズ科目 ]
  • グローバル・スタディーズ概論 A/Introduction to Global Studies A
  • [ サステイナビリティ・スタディーズ科目 ]
  • サステイナビリティ・スタディーズ概論A/Introduction to Sustainability Studies A
必修科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • キャリアデザインⅡ
  • Advanced English Communication
  • Advanced English Literacy
  • GLS English Ⅴ
  • 多元文化論A/Multiculturalism A
必修科目
  • [ グローバル・スタディーズ科目 ]
  • グローバル化と文化・文学/Globalization, Culture, and Literature
  • グローバル化とメディア/Globalization and Media
  • グローバル化と情報技術/Globalization and Information Technology
  • グローバル化と社会/Globalization and Society
  • グローバル化と民族・宗教/Globalization, Ethnicity, and Religion
  • [ サステイナビリティ・スタディーズ科目 ]
  • サステイナビリティと環境倫理/Sustainability and Environmental Ethics
  • サステイナビリティと民族・文化/Sustainability, Ethnicity, and Culture
必修科目
  • [ 演習科目 ]
  • 演習Ⅰ
  • アドヴァンスト演習Ⅰ、Ⅱ
  • 卒業論文研究Ⅰ、Ⅱ
選択必修科目・基幹科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • GLSアカデミック・ジャパニーズⅠ、Ⅱ
選択必修科目・基幹科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • GLSフランス語Ⅰ、Ⅱ
  • GLSドイツ語Ⅰ、Ⅱ
  • GLSスペイン語Ⅰ、Ⅱ
  • GLS中国語Ⅰ、Ⅱ
  • GLSインドネシア語Ⅰ、Ⅱ
  • GLSアカデミック・ジャパニーズⅢ
選択必修科目・基幹科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • GLSフランス語Ⅲ
  • GLSドイツ語Ⅲ
  • GLSスペイン語Ⅲ
  • GLS中国語Ⅲ
  • GLSインドネシア語Ⅲ
 
   
選択必修科目・基幹科目
  • [ グローバル・スタディーズ科目 ]
  • グローバル化と国際協力/Globalization and International Cooperation Special Topics: Global Studies(ex. Cultural Studies/Religious and Social Studies/Political Studies)
  • [ サステイナビリティ・スタディーズ科目 ]
  • サステイナビリティと地域社会/
    Sustainability and Local Communities
  • サステイナビリティと開発/
    Sustainability and Development
  • サステイナビリティとエネルギー問題/
    Sustainability and Energy Issues
  • [ 演習科目 ]
  • 基礎演習
  • PBL 演習(環境、文化、社会)
     
選択必修科目・基幹科目
  • [ 演習科目 ]
  • 演習Ⅱ
 
選択科目
  • [ 国際教養学基礎科目 ]
  • 国際関係論/International Relations
  • 国際経済学/International Economics
  • 国際協力論/International Cooperation
  • メディア論/Media Studies
  •  
  • 民族学/Ethnology
  • 情報技術史/History of Information Technology
   
選択科目
  • [ サステイナビリティ・スタディーズ科目 ]
  • Special Topics: Sustainability Studies A〜D (ex. Environment and Development Studies/ Religious and Social Studies)
   
その他
  • [ 実践知形成科目 ]
  • GLSフィールドワーク/GLS Fieldwork

科目一覧は2018年度のものです。

科目名が日本語と英語で併記されている授業は両言語を用います。

カリキュラムの特徴

[ 第二外国語の集中学習 ]

2年次第3クォーター以降、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、インドネシア語の中から一つを選択して学習します。3年次からのゼミやフィールドワークに参加できるレベルの語学力の習得を目標として、週に4コマの授業(文法の授業が2コマ、会話の授業が2コマの組み合わせ)を3つのクォーターの期間で行い集中的に学習します。最終的には、卒業論文で現地語文献が利用でき、現地でインタビューできるレベルの語学力の習得を目指します。