南山大学

 

[瀬戸キャンパス]数理情報学部

情報システムの「開発」と「活用」。

あらゆる分野で「情報化社会」を担うリーダーになる。

現代社会は情報で動いている」と言っても過言ではありません。コンピュータとネットワークは今や社会基盤としてのライフラインのひとつ。
皆さんの身近にある携帯電話、自動車、デジタルテレビなど、世の中のありとあらゆる物にコンピュータが埋め込まれ、それぞれが相互にコミュニケーションをとりながらネットワークを形成しています。数理情報学部では、このようなネットワークで繋がった情報化社会において、創造力を発揮しリーダーとして活躍できる人材の育成を目指しています。

【情報理工学部 リニューアル!】 2009年4月、数理情報学部は学部名称変更、学科改組

2009年4月、数理情報学部は、情報理工学部にうまれかわります。もっと広がる学びの領域。
数理情報学部は、情報理工学部にうまれかわります。幅広い分野にまたがる3学科・9コース(重視型)の履修モデルを設定し、より充実したカリキュラムになります。1、2年次に自分の関心や適性を探り、3年次への進級の際に所属学科を決定します。

理念・目的

数理情報学とは?
情報化社会のリーダーには、情報に関する基本的な知識を身につけ、社会の様々な場面でそれらを活用できる「能力」が求められています。こうした能力の基礎となるのが「数理情報学」です。コンピュータの原理の理解や、プログラムの作成技術のみならず、コンピュータを道具として、情報と社会との関わりを解明する能力を育成します。数理情報学は、社会のあらゆる分野で必要とされる、「自分の力で問題を発見し、筋道を立ててその問題を解決できる能力」の「礎」となるものです。
数理情報学部には、情報化社会の核となる、通信工学、情報工学、経営工学、数理科学の4つの分野があります。それぞれの専門分野は、数理情報学を要として相互に関連しています。幅広い分野にまたがった、社会と密接に結びついた研究テーマから、ひとりひとりの関心に合わせて学んでいきます。学科(情報通信学科、情報システム数理学科)の選択は3年の進級時に行いますので、数理情報学の基礎を学びながら、自分の適性と関心をじっくり見つめ、将来の進路を決めることができるのも南山大学数理情報学部の特長です。
 
Point 1 [学部一括募集]
数理情報学部は、情報通信学科(通信工学分野、情報工学分野)と情報システム数理学科(経営工学分野、数理科学分野)の2つの学科から構成されています。入学の選考は、学科単位ではなく学部単位で一括して行います。1・2年次に学部で共通した数理情報学の基礎を習得し、情報通信分野と情報システム数理分野への理解を深めます。3年次の進級時に学科を選択する際、このような基礎教育の上で学科配属が行なわれるため、各自の関心や適性に応じて学科を選ぶことができます。そして各学科における研究室に配属し、4年次には卒業研究に取組みます。卒業後は、大学院数理情報研究科で、継続してさらに専門的な研究を行うことができます。また本学部では、3年次の学科の選択に合わせて、国際的な専門技術者の育成を目的とした[情報技術者専修コース]が設けられています。自分の興味に合わせて、自分のやりたいことを、自分の意思でやり遂げる環境が整っています。
Point 2 [「南山流」情報化社会のリーダー育成の流れ]
数理情報学部は、現代社会のさまざまな場面で情報技術を活用できる専門技術者を育成するために、2学科で3つのコースを設けています。
情報通信学科は、主として、情報通信システム、ソフトウェアシステムの計画・開発・利用の技術を学びます。情報システム数理学科は、情報システムを社会で利用するための問題解決や数理的方法を学びます。 3つのコースは、両学科共通の情報技術専修コースと学科ごとの一般コースがあります。情報技術専修コースは、JABEE[※下記コラム参照]が定める学習・教育目標に準拠し、国際的に活躍できる人材を育成することを目標としています。そのため、下記のPoint 3に記載されている学習・教育目標を達成することが求められます。情報技術専修コースはJABEE認定プログラムとなる予定です。審査の結果、認定が得られれば、情報技術専修コースの卒業生は卒業と同時に国際的に通用するJABEE認定プログラムの修了生として認められます。
コース登録は、学科配属にあわせて3年次に3つのコースのいずれかを選択できます。情報通信学科と情報システム数理学科のどちらの学科も「情報技術専修コース(情報通信学科・情報システム数理学科)」に登録できます。一般コースとして、情報通信学科は「情報通信一般コース(情報通信学科)」に、情報システム数理学科は「情報システム数理一般コース(情報システム数理学科)」に登録できます。一般コースはJABEE対応コースではありませんが、各自の関心に応じた講義を履修できます。
Point 3 [国際的に活躍できるリーダーに−JABEE対応プログラム【情報技術専修コース】]
本コースを履修する学生は、高い専門性を獲得するため、以下の学習・教育目標の達成を目指します。
(A) グローバルな視点から多面的にものごとを考えることができる。
(B) 情報技術が社会や自然に及ぼす影響と効果、および技術者としての社会に対する責任を理解できる。
(C) 数学および自然科学を中心とした数理情報に関する基礎を習得し、それらを応用できる。
(D) 数理情報に関する専門技術を理解し、それらを応用できる。
(E) 各種の情報システムの原理や構造を理解し、その設計および実装を効果的かつ系統的に行うことができる。
(F) 日本語での文章作成および口頭発表を通じて正確かつ論理的に情報を伝えることができ、グループの一員として指導や協力ができ、英語での基礎的なコミュニケーションができる。
(G) 社会の要求や課題を解決するために、数理情報の諸技術を利用して、自主的かつ継続的に仕事を進めることができる。
JABEE
JABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education:日本技術者教育認定機構)は、理工系高等教育機関の技術者教育が社会の要求水準を満たすことを審査し、一定の基準を満たしている教育プログラムを認定する機関です。JABEEは、アメリカ、イギリスなどの認定機関と共に教育プログラムの相互認定協定(ワシントンアコード)に加盟しています。JABEEの認定を得た教育プログラムの修了生は一定水準の教育 プログラムを修了したことが国際的に認定されます。2009年度に日本技術者教育認定機構(JABEE^(TM))により認定された数理情報学部情報技術専修コース、ならびに、継続する教育プログラムである情報理工学部情報技術専修コースを、情報理工学部では維持していきます。
編入学・転入学、ならびに、転学部・転学科生の情報技術専修コースへの転入について
「情報技術専修コース」志望者は
  1. 既修得単位に対して、情報技術専修コース科目の単位認定を行なう場合、修得科目のシラバス、成績証明書、その他関連資料提出などに基づいて判断する。
  2. 単位認定数が学科配属基準を下回る場合、数理情報学部2年次に編入学する。

2つのポリシー/情報通信学科

募集停止のため、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーのみ掲載
ディプロマ・ポリシー
激しく変化する情報化社会において、狭い技術分野の課題に取り組むのではなく、数学や物理学を支える数理的な基礎理論を幅広く身につけることで、ますます高度化する情報技術を理論的に把握する能力を養います。また、関連する技術が社会にもたらす影響や倫理問題に対しても、洞察力を備える人材を育成することを目標にし、数理情報学に関する以下の力を身につけた者に学位を授与します。
  • 数学および自然科学を中心に数理情報に関する基礎を学び、問題解決に応用できる力
  • 数理情報の中で特に情報通信学に関する専門技術を理解し、情報システムの原理や構造を理解する力
  • 情報システムの設計や実装を行うことができる力
  • 世界的な視点から多面的にものごとを考えることができる力
  • 情報技術が社会や自然に及ぼす影響と効果を洞察する力
  • 技術が社会に対してどのような責任をもつかを理解する力
  • 文章作成および口頭発表を通じ、正確かつ論理的なコミュニケーション能力
  • 課題解決のために、自主的かつ継続的に、またグループの一員としても、的確な技術を用いて仕事を進めることのできる力
カリキュラム・ポリシー
数理情報学部の1・2年次は、微分積分学や線形代数などの数学に関する授業と演習、および、コンピュータの基本的なプログラミング能力を養う授業と実習を中心に、学部共通科目を中心に学びます。
3年次への進学時に、情報通信学科への進学の選択、ならびに、情報技術専修コース(2009年度JABEE認定)と一般コースのいずれかを選択し、情報通信学科の専門科目を中心に学ぶことになります。
情報技術専修コースは、技術者として国際的に活動するために必要な知識や能力の養成ができる教育プログラムとして、技術者教育の視点から認定されています。そのため、その学修・教育目標を達成するために、数理情報学部における選択科目の一部が必修科目となっています。一方、一般コースは、情報通信学科において必要とされる幅広い科目履修が可能で、各自の関心に応じて講義を履修することのできる教育プログラムです。
なお、情報技術専修コースの修了には、JABEEコース必修科目・選択必修科目の履修が必要になります。例えば、コンピュータの構造を理解する科目として「コンピュータアーキテクチャ」、プログラムの振る舞いを知るために必要な「アルゴリズム論」の他、情報化社会を支える「通信ネットワークアーキテクチャ」などについて学びます。加えて、各分野について、学習保証時間を満たす必要があります。一方、一般コースでは、情報通信学科の科目に加えて、データの正確な分析力を養う「数理統計学」や、オペレーションズ・リサーチの手法を金融システムに応用する「数理ファイナンス」なども履修することができます。また、卒業研究活動時間報告に制約されないため、より幅広い科目選択が可能です。
4年次は、1年次から3年次までの基礎科目や専門科目の総合力が問われることになる卒業研究に1年間をかけて取り組むことになります。なお、卒業研究の課題の多くは、引き続き大学院で発展させて取り組むことができる内容になっています。

2つのポリシー/情報システム数理学科

募集停止のため、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーのみ掲載
ディプロマ・ポリシー
激しく変化する情報化社会において、狭い技術分野の課題に取り組むのではなく、数学や物理学を支える数理的な基礎理論を幅広く身につけることで、ますます高度化する情報技術を理論的に把握する能力を養います。また、関連する技術が社会にもたらす影響や倫理問題に対しても、洞察力を備える人材を育成することを目標にし、数理情報学に関する以下の力を身につけた者に学位を授与します。
  • 数学および自然科学を中心に数理情報に関する基礎を学び、問題解決に応用できる力
  • 数理情報の中で特に数理科学に関する専門技術を理解し、情報システムの原理や構造を理解する力
  • 情報システムの設計や実装を行うことができる力
  • 世界的な視点から多面的にものごとを考えることができる力
  • 情報技術が社会や自然に及ぼす影響と効果を洞察する力
  • 技術が社会に対してどのような責任をもつかを理解する力
  • 文章作成および口頭発表を通じ、正確かつ論理的なコミュニケーション能力
  • 課題解決のために、自主的かつ継続的に、またグループの一員としても、的確な技術を用いて仕事を進めることのできる力
カリキュラム・ポリシー
数理情報学部の1・2年次は、微分積分学や線形代数などの数学に関する授業と演習、および、コンピュータの基本的なプログラミング能力を養う授業と実習を中心に、学部共通科目を中心に学びます。
3年次への進学時に、情報システム数理学科への進学の選択、ならびに、情報技術専修コース(2009年度JABEE認定)と一般コースのいずれかを選択し、情報システム数理学科の専門科目を中心に学ぶことになります。
情報技術専修コースは、技術者として国際的に活動するために必要な知識や能力の養成ができる教育プログラムとして、技術者教育の視点から認定されています。そのため、その学修・教育目標を達成するために、数理情報学部における選択科目の一部が必修科目となっています。一方、一般コースは、情報システム数理学科において必要とされる幅広い科目履修が可能で、各自の関心に応じて講義を履修することのできる教育プログラムです。
なお、情報技術専修コースの修了には、JABEEコース必修科目・選択必修科目の履修が必要になります。例えば、コンピュータの構造を理解する科目として「コンピュータアーキテクチャ」、プログラムの振る舞いを知るために必要な「アルゴリズム論」の他、情報化社会を支える「通信ネットワークアーキテクチャ」などについて学びます。加えて、各分野について、学習保証時間を満たす必要があります。一方、一般コースでは、情報システム数理学科の科目に加えて、情報通信学科で開講される、知識表現や論理プログラムを学ぶ「人工知能」、トランザクション処理や大量データ処理技術を扱う「データベース」、なども履修することができます。また、卒業研究活動時間報告に制約されないため、より幅広い科目選択が可能です。
4年次は、1年次から3年次までの基礎科目や専門科目の総合力が問われることになる卒業研究に1年間をかけて取り組むことになります。なお、卒業研究の課題の多くは、引き続き大学院で発展させて取り組むことができる内容になっています。

学部長

数理情報学部長 鈴木 敦夫 教授

[ 専攻分野 : 数理工学 ]

数理情報学部長
鈴木 敦夫 教授
長期研究「施設配置問題の研究」
施設の最適配置問題の数理モデルをつくり、その解法を研究する。
短期研究「施設配置問題の研究」
施設の最適配置問題の数理モデルをつくり、その解法を研究する。
短期研究「ORの手法の実際問題への適用」
社会の実際問題を数理モデルとして定式化し、ORの手法を用いて解を求める。さらに、その解に基づいてコストの削減や業務の効率化を実現する。
 

お問い合わせ