南山大学

 

[名古屋キャンパス]外国語学部

「読める・話せる」の、その先へ。

国際社会で活躍するキャリアを考える特別プログラム

皆さんの中には南山の国際性にあこがれて入学した人がきっと多いと思います。でも、国際性豊かなキャンパス・ライフの後で、将来どのような仕事に就くべきかという職業観まで描けている人はわずかではないでしょうか。もしも「将来は海外で活躍したい」という思いを抱きながら、そうした思いを国際社会の仕事と具体的に結びつけて考えることなく4年間を過ごしてしまえば、大きく膨らんだ夢も卒業とともにしぼんでしまいます。皆さんは、「国際社会にはどんな仕事があって、どうすれば自分も将来そこで活躍することができるのだろう?」という素朴な疑問を抱きつつ毎日を過ごしてはいませんか。この疑問に答えを見つける近道の一つは、実際に国際社会に出て活躍している人たちの体験談を聞いて、自分もどのような努力をしたらよいかを学ぶことです。

「国際社会で活躍するキャリアを考える特別プログラム」は、皆さんが将来国際社会に出て携わりたい仕事やキャリアを具体的にイメージしてもらうことを目的に、外国語学部教員がコーディネーターとなって、南山大学の全学生を対象に開催されている公開特別講座です。南山の先輩を含めて、外務省や国際機関の職員、公務員・公益団体・NGO等の国際関係業務担当者など、国際社会の第一線で活躍する講師の先生方から直接その経験を学び、皆さんの将来の国際的職業への入口探しに役立てようとするものです。

この特別講座では、講演を単に聴くだけでなく、積極的に質疑応答に参加して皆さんが国際キャリアについて持つ様々な疑問に答えを見つけ、自分の将来に向けたアプローチを明確にすることが重要です。このプログラムを通じて、皆さんが在学中から自分が将来国際社会で就いてみたい職業を見つけ出し、そうした職業に就くための道筋を理解し、そのための準備をできるだけ早く始めることができるよう期待しています。なお、このプログラムはキャリア支援室とも提携しています。国際的キャリアに興味を持つ人は、3・4年生だけでなく1・2年生、そして大学院生にも積極的に開かれています。

2016年度実施のプログラム内容

  日付 テーマ 講師
第1回 2016年6月15日 イントロダクション―国際的キャリアとは何か、どのような道筋があるのか 本学外国語学部教員
(平岩恵里子・藤本博・大澤広晃・上村直樹)
第2回 2016年7月20日 外務専門職として働く 坂井 達弥 氏
(外務省在スペイン日本国大使館外交官補、本学外国語学部スペイン・ラテンアメリカ学科卒)
第3回 2016年11月9日 国連を職場として 高瀬 千賀子 氏
(国際連合地域開発センター(UNCRD)所長)
第4回 2016年11月30日 公益団体で国際交流の仕事をするということ ―愛知県国際交流協会の場合― 栗木 梨衣 氏
(公益財団法人 愛知県国際交流協会共生課長)

2015年度実施のプログラム内容

  日付 テーマ 講師
第1回 2015年6月24日 イントロダクション―国際的キャリアとは何か、どのような道筋があるのか 本学外国語学部教員
(森山幹弘・平岩恵里子・藤本博・大澤広晃・上村直樹)
第2回 2015年7月8日 外務省専門職員の仕事及び採用・応募について 福島 功 氏
(外務省大臣官房人事課企画官)
第3回 2015年7月15日 国連―その活動とそこで働く人々 妹尾 靖子 氏
(国連広報センター広報官)
第4回 2015年9月30日 まずは名古屋脱出からの国際キャリア ―民間企業・政府機関で働く― 森 理香 氏
(外務省第一国際情報官室課長補佐、本学外国語学部英米学科卒)