南山大学

 

名古屋キャンパス/外国語学部 フランス学科(フランス文化専攻/フランス社会専攻)

  • 学生/男子:29名 女子:210名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/9名

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

フランス学科では、外国語学部のディプロマ・ポリシーに示す能力を踏まえて、フランス語教育とフランス語圏地域研究の2つを軸とするカリキュラムを編成し、以下の知識と能力を身につけた者に学士の学位を授与します。

  • フランス語で情報を収集し、自らの立場や意見を明確に述べることができる高度なフランス語運用能力
  • フランス文化専攻では、言語、文学、思想、芸術などフランス語圏の文化に関する多様な知識、ならびに文化の多様性を尊重し、国際社会において主体的に行動し、協調的に対話を進める能力
  • フランス社会専攻では、政治、経済、歴史、国際関係などを中心にフランス語圏の諸相に精通し、社会のさまざまな事象を社会科学の視座に立って構造的に把握し、ヨーロッパや世界との関係において現代社会の諸問題を積極的に発見し解決しようとする複眼的な思考力、判断力、行動力

カリキュラム・ポリシー

フランス学科では、ディプロマ・ポリシーに示す能力を養成するために、フランス語教育とフランス語圏地域研究の2つを軸とするカリキュラムを編成します。
学科科目では、基礎教育として、情報、文献の探し方やまとめ方、プレゼンテーションの方法、ディスカッションのやり方、レポートや論文の書き方、コンピュータの活用能力といったアカデミック・スキルを獲得するための科目を配置します。同時に、フランス語の高度で総合的な運用能力を育成するための科目を配置します。フランス語運用能力の到達度の確認にあたっては、「外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠」(欧州言語能力共通基準)に準拠します。
専門教育として、2年次においては、フランス語運用能力の向上と、異文化環境における適応力、行動力の涵養を図るために、海外フィールドワークを配置します。3・4年次においては、フランス語の運用能力をさらに高めると同時に、フランス語圏の文化や社会に関する知識を深めるための科目を配置します。必修の演習科目では、学問的方法を学ぶとともに、自らが設定したテーマに関する研究成果を卒業論文としてまとめます。
フランス文化専攻では、フランス語圏の文化に関する専門的な知識を習得し、文化的事象やその社会的背景について批判的な視点から考える能力を涵養するための科目を配置します。
フランス社会専攻では、フランスを国際関係の中に位置づけ、社会科学の視座において自ら問いを設定し、関連する情報を選別、分析、比較しつつ課題の解決へとつなげる能力を養うとともに、世界の人々と連携する行動力、批判的思考力、異文化理解力を育成するための科目を配置します。

アドミッション・ポリシー

フランス学科では、外国語学部のアドミッション・ポリシーに示す資質に加えて、以下の資質を持つ人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入試(学園内高等学校、カトリック系高等学校、指定校)、AO入試等の試験・審査を実施します。

  • フランス語圏の言語、文化、社会に対して強い関心と学習意欲を持つ人
  • 入学後の学びの基礎となる中等教育の諸教科についての基礎知識を有するとともに、問題を解決するための思考力、判断力、表現力を備えた人

一般入試、全学統一入試およびセンター利用入試では、学科・専攻で学ぶための前提となる基礎学力、とりわけ外国語、国語、日本と世界の歴史についての知識を主に評価します。一般入試の外国語試験においてリスニングテストを課して英語の運用能力も評価します。
推薦入試では、基礎学力に加えて、学科・専攻において勉学する目的の明確性や、専門領域に関する知識の程度、ならびに口頭および文章による表現力や論理的思考力、判断力を評価します。
AO入試では、専門領域に関する知識や、表現力、論理的思考力、判断力に加えて、主体的に外国語を学ぶ姿勢や、異文化を受け入れ多様な人々と協働する能力、ならびに学科・専攻のカリキュラムとの適性を総合的に判断して評価します。